• 交通アクセス
  • フロアマップ
  • お問い合わせ
047-353-3111
  • 標準
  • 大
  • ご来院のみなさま
  • 診療科・部門のご紹介
  • 医療関係のみなさま
  • 病院のご紹介
  • 採用情報
診療部門のご紹介

心臓血管外科

  • pi8l0dr1.jpg
  • pi8l0dr1.jpg
  • 心臓血管外科
  • main.jpg
  • main02.jpg
  • main03.jpg
  • ph08.jpg

外来担当医表はこちら

お知らせ

■第22回ハートセンターフォーラムを7月4日に開催いたしました

 

■第21回ハートセンターフォーラムを3月28日に開催いたしました

 

■第20回ハートセンターフォーラム開催について(2016/10/4開催、ハートセンター紹介ページに移動)

 

■下肢静脈瘤のレーザー治療が始まります(心臓血管外科外来、水曜日)

 

■経カテーテル大動脈弁置換術のお知らせ

経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI: transcatheter aortic valveimplantation, またはTAVR: transcatheter aortic valve replacement)が、東京都文京区本郷の順天堂医院心臓血管外科で始まりました。当科外来でもご相談を受け付けております。(心臓血管外科外来、月曜日、木曜日)

患者さまとご家族のみなさまへ

心臓血管外科の手術に求められるものは

  1. 安全性の高い正確な手術
  2. 早く患者さんが元気になること
  3. 手術後も末永く元気で日常生活を送ることができること

であると考えております。

私たちは、患者さんとご家族の皆様に満足していただけるよう、より低侵襲な(体の負担が少ない)手術方法を取り入れております。また循環器内科・麻酔科・救命救急センターをはじめ、糖尿病や腎不全における専門医や薬剤部、理学療法士と連携を行い、より安全に総合的な治療を行っております。入院中、また退院後の生活や療養に関する悩み事やご相談につきましても、医療福祉相談室、看護支援室と密接に連携して、一人一人の患者さんやご家族のどなたにも心配や不安のないよう、対応しております。どうぞご安心ください。

 

“専門家が求める最善の医療と、自分たちの一番大切な人を思いやる気持ち。”

私たちは、自分ならばどのような医療を受けたいのか、ということをいつも考えて、安全な医療を皆様に受けていただけるように努力いたします。また皆様が笑顔で満足して退院していただけるように、心のこもった医療をさせていただきます。

 

地域に密着した医療を行うべく、手術の後に関しても、ホームドクターの先生方との連携を密にし、皆様が快適に医療を受けることができるように精一杯努めさせていただきます。

紹介してくださる先生方へ

当院では最新医療を取り入れ、 安全・確実かつそれぞれの患者さんに適した治療を選択し、早期の社会復帰をモットーに治療に取り組んでいます。そして、患者さんの負担が少ない低侵襲な医療を心掛けております。

 

その結果、冠動脈バイパス術では、人工心肺を使わないオフポンプCABG(OPCAB; Off-pump CABG)を第一選択としております。また、病気によっては小切開(10~15cmの傷)で心臓手術を行っております。

 

心臓弁膜症手術では、僧帽弁に関しては積極的に弁形成術を行っております。また、石灰化の著しい大動脈弁に関しては、超音波手術器を用いて手術を行っております。ご高齢の患者さんには生体弁を使用した人工弁置換術を行い、手術後における内服薬の合併症を減らすように心がけております。また不整脈(心房細動・心房粗動)の手術も積極的に行っております。

 

近年は大動脈の病気が増加しております。特に胸部や腹部大動脈瘤および大動脈解離には力を入れて治療にあたっております。出血が少なく、短時間で手術を終え患者さんにとって体への侵襲が少なくなるよう、より良い手術を提供させていただきます。

身体への侵襲の少ないステントグラフトによる胸部大動脈瘤血管内手術(TEVAR ; thoracic endovascular aortic repair)も2014年より実施施設認定を取得し、積極的に行っております。

 

さらに虚血性心疾患や大動脈解離、胸部および腹部大動脈瘤(破裂症例や切迫破裂症例も含めて)に対しては、24時間受け入れられる様に緊急体制をとっております。緊急時には一刻も早く手術室に運ぶことが患者さんの生死を左右すると考えております。そのために私達は救急医やコメディカルスタッフと共に、チームワークと最新技術を駆使して緊急症例に対しても治療にあたっております。

 

ご紹介いただいた患者さん又ご紹介いただいた先生方が心から満足していただける医療を提供するよう最善を尽くします。

入局・研修を希望される先生方へ

当病院における心臓血管外科手術の特徴として最先端の技術を積極的に取り入れるとともに患者さんにとってより低侵襲な医療を心がけております。その結果、冠動脈バイパス術であれば心臓が動いたまま血管吻合を行うOPCAB(off-pump coronary artery bypass)や弁膜症疾患であれば弁形成術(人工弁に置換するのではなく患者さん自身の弁を修復することで弁の機能を取り戻す手術)を取り入れております。

 

また近年増加傾向にある大血管手術や緊急手術に対しても積極的に手術を行っております。このように高いレベルでの手術手技や診療に携わることが出来ます。

 

心臓血管外科または外科系一般に興味をお持ちの方、または循環器内科を将来専門にと考えている方、それ以外にも最先端の手術、周術期管理を垣間見てみたい方など、皆さんの参加を心よりお待ちしております。

 

 

順天堂大学医学部付属浦安病院
〒279-0021 千葉県浦安市富岡2丁目1番1号 大代表:047-353-3111
Copyright (c) 2015 JUNTENDO UNIVERSITY URAYASU HOSPITAL All rights reserved.