• 交通アクセス
  • 文字サイズ標準

診療科・部門のご紹介

MEDICALCARE

お知らせ

2020.07
「Best Doctors in Japan 2020-2021」に須賀康科長が選ばれました

2019.04
金子高英医師が皮膚科准教授[皮膚外科]に就任しました
金子医師からのごあいさつはこちら

2015.07
7月1日(水)より診療体制を変更いたしました。 ご理解ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
詳しくはこちら

新人医局員、および大学院生の募集のお知らせ
臨床と研究、教育体制をより充実させるための新人医局員、および大学院生を募集しています。見学、説明も随時受け付けていますので、皮膚科医局までご連絡ください。 047-353-3111 (代表)

科のご紹介

皮膚のトラブル、症状に関することであれば何でも順天堂大学浦安病院の皮膚科でご相談ください。
医局員一同で「説明と納得」の治療を行ってまいります。
外来・入院診療は皮膚科疾患の全般に亘りますが、特に角化異常症(魚鱗癬、掌蹠角化症、乾癬)、水疱症(天疱瘡、類天疱瘡、先天性表皮水疱症)、色素異常症(白斑)などの難治性疾患の病態と治療が専門です。
さらに地域のがん診療連携拠点病院の皮膚科として、増加する皮膚がんへの対応、すなわち、早期発見、正確な診断、治療計画の策定など、質の高いがん医療を提供するよう取り組んでまいります。
また、皮膚科医局としてはアトピー性皮膚炎、脱毛症、水虫、さらにはニキビ、シミ、ソバカスといった美容皮膚科の分野にも興味を持っており、エビデンスに基づく専門的な生活指導も行っています。
どうぞお気軽にご相談ください。

取り扱う主な疾患

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎では増悪因子の究明、病因に対する薬物療法、スキンケア・痒み対策などのきめ細かい生活指導も行なっており、さらにナローバンドUVBやエキシマライトなどの紫外線療法も合わせて行うことにより、良好な結果が得られています。重症例では2~3週間の入院加療を行うことにより、顕著な改善やステロイド使用量の減量も期待できます。 また、生物製剤(デュピクセント)による治療も取り扱っています。

 

円形脱毛症

円形脱毛症はその原因を細胞性免疫異常症としてとらえ治療しています。特に従来の治療法に抵抗する汎発型脱毛症に対しては、2~3週間の入院加療中にステロイド治療と全身紫外線療法を併用し、良好な成績を納めています。なお、当院では接触免疫療法(SADBE, DPCPなど)の取り扱いはありません。

 

尋常性乾癬・掌蹠膿疱症

乾癬・掌蹠膿疱症には外用療法(活性型ビタミン D3 軟膏、ステロイド軟膏)を中心に、症状に応じてナローバンドUVBやエキシマライトなどの紫外線療法。角化症治療薬のレチノイド(チガソン)や免疫抑制剤(オテズラ、シクロスポリン)の内服を適宜併用して治療しています。 また、生物製剤(レミケード、ヒューミラ、スキリージ、トレムフィア、ステラーラ、ルミセフ、コセンティクス、トルツなど)による薬物療法も行っており、日本皮膚科学会からの生物学的製剤承認施設となっています。

 

帯状疱疹

免疫機能低下が原因で発症する帯状疱疹では、初期治療が大切です。免疫低下の原因検索(内臓悪性腫瘍の検査)などに加えて、疼痛対策、特に帯状疱疹後神経痛を予防するため、神経ブロック療法、鎮痛薬の内服、抗ウイルス剤の点滴などを入院の上で行っています。

 

皮膚腫瘍

社会の高齢化に伴って増加している皮膚悪性腫瘍(悪性黒色腫、基底細胞癌、有棘細胞癌、ボーエン病、パジェット病、隆起性皮膚線維肉腫、菌状息肉症、悪性リンパ腫など)には、ダーモスコピーや皮膚超音波検査などによる診断や、迅速生検術を積極的におこない、日本皮膚悪性腫瘍学会が定めた規約に沿った治療を行っています。また、良性の皮膚腫瘍である脂漏性角化症(老人性イボ)や頚部に好発するアクロコルドンには凍結療法や焼灼療法を行い、良好な結果が得られています。

 

尋常性痤瘡(にきび)

痤瘡に対しては、洗顔の仕方や食生活などの指導を行いながら、抗生物質の内服やビタミンA誘導体や過酸化ベンゾイルの外用療法を中心に行います。ホルモン異常症などの内蔵疾患の合併で、難治性となっている場合は、他の診療科と連携の上で治療にあたります。

 

足白癬・爪白癬 (水虫)

水虫の治療は外用療法を中心に、難治な爪白癬には内服療法(ネイリン、ラミシール)や新薬クレナフィン爪外用液などを併用して効果を上げています。

 

自己免疫性水疱症・重症薬疹

自己免疫性水疱症(天疱瘡、類天疱瘡)や重症薬疹には入院の上でステロイドパルス療法、血漿交換療法、免疫グロブリン大量静注療法などをおこない、良好な結果と予後が得られています。

 

その他の皮膚疾患

  • 蕁麻疹、アレルギー性皮膚炎
  • 白斑、色素沈着症
  • 魚鱗癬、掌蹠角化症
  • 熱傷、潰瘍、褥瘡

 

特有の治療機器・設備

  • 紫外線照射装置(PUVAおよびナローバンドUVB)
  • エキシマライト(エキシライト・マイクロ)
  • 顕微鏡
  • ダーモスコープ
  • 皮膚超音波診断装置
  • 炭酸ガスレーザー照射装置
  • 外来手術室
  • スプレー式液体窒素治療器(クライオスプレー)
  • 紫外線照射装置(全身用)

  • エキシマライト(ターゲット型)

  • 外来手術室

  • 紫外線照射装置(手足用)

  • 炭酸ガスレーザー照射装置

  • ダーモスコープ

  • スプレー式液体窒素治療器
    (クライオスプレー)

  • 皮膚超音波診断装置

診療実績

2020年度

1.入院患者数・疾患別内訳 計:349名

2.外来新患患者数・疾患別内訳 計:3,922名

3.年間入院手術件数 計:145件
内訳
皮膚・皮下良性腫瘍摘出術 55
皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 54
皮弁作成術、移動術、切断術 30
全層・分層植皮術 8
リンパ節群郭清術など 3
その他(デブリードマン、爪甲除去術など) 13

外来診療

外来医長からのごあいさつ

現在、皮膚科の外来診療は、午前3診、午後2診の体制をとっています。 当院皮膚科の一日平均外来患者数は約150~200名で、順天堂大学浦安病院全体の受診者の10分の1程度を占め、来院患者数が最も多い診療科の1つです。 新患は随時受け付けておりますが、必ず紹介状をお持ちください。再診をご希望の方には平日に予約制をとっています。 予約外の再診患者さんは午前中のみの受付となっておりますのでご注意ください。患者さんが多いため、予約通りに診療が進まずご不便をおかけすることもあるかもしれません。特に土曜日は混雑が予想され待ち時間が大変長くなりますが、よろしくご理解の程お願いいたします。また、症状が落ち着いている方には、近医への紹介もお勧めしています。 何かご不明な点がございましたら、お気軽に皮膚科外来までお問い合わせください。

外来医長  木村 有太子(准教授)

 

外来の治療方針

  • 皮膚疾患の全般を対象に診療をおこない、地域の基幹病院としての役割を果たします。
  • 「正確な診断」のため、アレルギー疾患では血液検査、パッチテスト。真菌疾患(水虫、タムシ)には顕微鏡検査。皮膚腫瘍にはダーモスコピーや皮膚生検術、超音波診断などを積極的に行います。診断・病態・検査結果はできるだけわかりやすく的確にお伝えするように努力して参ります。
  • 外来診療では治療ガイドラインに基づいたエビデンスのある「スタンダードな治療」を行うことを目標としています。外用・内服療法の指導、紫外線療法、エキシマライト療法、レーザー療法、手術療法、生物学的製剤などをそれぞれの病態に合わせて行います。

皮膚科外来からのお願い

  • 初診の方は 「お薬手帳」などを持参して頂けると問診が確実でスムースです。
  • 皮膚の異常部位を確実に拝見できる「着脱しやすい服装(お顔の場合は化粧を落として)」 で受診をして頂ければ幸いです。

診療体制についてのお知らせ

2015年7月1日(水)より皮膚科外来の診療体制は以下のようになっておりますので、 ご理解ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

  1. 初診時にはご紹介状をお持ちください
    当院は特定機能病院のため、 原則として
    ※初診時にはご紹介状をお持ち頂くか、
    ※現在おかかりの診療科からの皮膚科へのコンサルテーション依頼が必要です。
    ※但し、緊急の場合はその限りではございませんので、受付へお申し出ください。
    ご紹介状をお持ちの場合は紹介初診予約センターにて、電話、パソコン・スマートフォン、FAXでのご予約が可能です。
  2. 光線治療、および処置外来はすべて予約制で行なっています
    一般外来での診察時に、次回以降のご予約をおとりください。
  3. 土曜日と平日午後の一般外来は完全予約制で行なっています
    初診・再診でご予約のない場合には、原則として平日の午前中に受診をしていただき、その後の予約をおとりください。特に土曜日の外来は大変混雑しているため、平日午前受診へのご理解とご協力をお願いします。
    ただし、他院よりご紹介状を持参の場合や、緊急の場合はその限りではございません。受付へお申し出ください。
  4. 前回受診から間隔が空いている場合は、近医からの再度のご紹介状をお持ちください
    当院では2人かかりつけ主治医制を推進しています。これは、国の政策に基づき、より安心・安全な医療の提供にむけて患者さん1人に対し、当院の医師と地域のかかりつけ医が互いに連携しながら共同で継続的に治療を行うものです。
    近医からの再度のご紹介状を頂くことにより、紹介初診予約センターからの受診予約や担当医の指定なども可能となります。

専門外来

腫瘍・皮膚外科外来
内容 皮膚悪性腫瘍患者さんの診断、検査、適切な治療計画(手術、放射線療法、薬物療法)、術後フォローアップ、外来化学療法など皮膚がん診療全般を行います。
診察日 月曜日午前・午後、金曜日午後
担当医師 金子 高英
皮膚真菌症専門外来
内容 足白癬は国民の5人に1人、爪白癬は10人に1人が罹患していると言われています。体にも感染することも多く、診断には専門的な知識を必要とします。症状に合わせた外用療法・内服療法を選択し、完治を目指します。
診察日 水曜日午前・午後、木曜日午後
担当医師 木村 有太子 栗原 麻菜

※かかりつけ医からの紹介状(診療情報提供書)をご持参ください。
※紹介状をお持ちの方のみ、初診のご予約を紹介初診予約センターにて受け付けております。なお、初回受診時は上記担当医師ではない場合もございますので、ご了承ください。

外来担当医表はこちら

入院診療

病棟医長からのごあいさつ

診療はグループ制で行っています。グループ長以下のスタッフが毎日診察と治療にあたります。毎週木曜日の午後には教授回診があります。
何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

病棟医長 金子 高英(准教授[皮膚外科])

 

 入院の治療方針

入院では外来治療に反応しないアトピー性皮膚炎や乾癬などに対する紫外線治療、蕁麻疹や薬疹に対するアレルギーの原因検索や点滴治療、痛みや皮疹が重症な帯状疱疹の治療、皮膚潰瘍の植皮術、皮膚腫瘍の手術(局所麻酔、全身麻酔)などを積極的に行っています。また、クリティカルパスを積極的に導入し、安全で負担の少ない治療を行っています。

 

入院診療の特徴

自己免疫性水疱症

天疱瘡・類天疱瘡などの自己免疫性水疱症に対して、入院で血液浄化療法(血漿交換療法)やガンマグロブリン大量静注療法を行っており、良好な成績が得られています。

難治性・重症アトピー性皮膚炎に対するステロイド短期内服併用光線療法

紫外線療法は難治性、重症のアトピー性皮膚炎の治療法として注目をあびています。
従来の紫外線療法に加えて、ステロイド剤の短期間内服を併用する「ステロイド短期内服併用光線療法」は光線照射が効率的に行うことが可能となるため、総照射量を減少させ、日焼けのヒリヒリ感も軽減し、時間的、経済的負担などの軽減も可能としました。

悪性・良性腫瘍、皮膚潰瘍、陥入爪、白斑などに対する手術

皮膚悪性・良性腫瘍の切除術、植皮術、皮弁術。
難治性皮膚潰瘍に対するデブリードマン、植皮術。
陥入爪手術、白斑に対するサクションブリスター植皮などを行っています。

スタッフ紹介

新常勤スタッフの紹介

【金子高英 医師からのごあいさつ】

 2019年4月1日付で順天堂大学医学部附属浦安病院皮膚科の准教授(皮膚外科)に就任いたしました金子高英です。
 私は、国立弘前大学医学部を平成8年に卒業し、弘前大学医学部皮膚科に入局、20年以上同講座で皮膚科医としての研鑽を積んでまいりました。
 私は日本皮膚科学会認定皮膚科専門医として皮膚科全般を専門領域にしておりますが、とりわけ皮膚外科学および皮膚悪性腫瘍診断・治療学には、自分の皮膚科医としてのライフワークと位置づけ、注力し非常に多くの経験を積んでまいりました。実際、皮膚悪性腫瘍指導専門医、日本がん治療認定医の資格を有しておりまして、外科的治療のみならず、診断および全身薬物療法、その後のフォローアップなど一連の丁寧な医療サービスを皮膚悪性腫瘍患者の皆さまに提供できるものと自負しています。
 また、良性腫瘍、外傷、感染症、重症下肢虚血などの疾患にも皮膚外科手技は広く適用されます。当院に赴任してまだ日が浅いですが、前任地で培った知識と経験を最大限に生かしまして、東葛地区を中心としました地域の皆さまに、正確に安全で、人に優しい医療を提供できるように精一杯努力していく所存ですので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 末筆ではございますが、教育面では皮膚外科学および皮膚悪性腫瘍領域で習得すべき診療技術・手術手技の指導を行っています。若手医師の皆さん、興味のある方はどうぞ私までご一報ください。
[連絡先] 皮膚科医局:047-382-1883

 

教授・名誉教授

科長
須賀 康
(教授)

経歴 1987年 順天堂大学医学部卒業
1992年 順天堂大学医学部大学院卒業
1995~1998年 米国テキサス州ベイラー医科大学に留学
帰国後は順天堂大学皮膚科の講師、助教授を経て
2007年  順天堂大学浦安病院皮膚科学教授
2009年  順天堂大学医療看護学部教授(兼任)
専門 皮膚の生化学・細胞生物学、遺伝性皮膚疾患(とくに角化症、水疱症)の病態と治療、美容皮膚科学(とくに光治療、白斑、再生医学)
所属学会 日本皮膚科学会(専門医、美容皮膚・レーザー指導専門医、指導医、代議員)、日本研究皮膚科学会(評議員)、日本美容皮膚科学会(理事)、日本香粧品学会(理事)、角化症研究会(事務局長)、浦安皮膚臨床懇話会(事務局長)、日本小児皮膚科学会(運営委員)、日本レーザー医学会(理事、専門医、指導医)、日本レーザー治療学会(理事、専門医、指導医)、日本医真菌学会(代議員、専門医)、日本乾癬学会(評議員)、日本皮膚悪性腫瘍学会(評議員)

 

髙森 建二
(名誉教授)

経歴 1967年3月 順天堂大学医学部卒業
1976年4月 順天堂大学医学部生化学講座 講師
1977年9月 米国 Duke大学医学部皮膚科 留学
1980年4月 帰国後、順天堂大学医学部皮膚科学講師、助教授を経て
1993年10月 順天堂大学医学部附属浦安病院皮膚科学 教授
2005年4月 順天堂大学医学部附属浦安病院 院長
2007年4月 順天堂大学医学部皮膚科学 名誉教授 特任教授
専門 皮膚の生化学一般、水疱症、脱毛症、アトピー性皮膚炎、膠原病
所属学会 日本皮膚科学会(専門医)、日本小児皮膚科学会(会長)、日本研究皮膚科学会(前理事)、日本性感染症学会(理事)、日本皮膚免疫アレルギー学会(前評議員)、日本アフェレシス学会(前理事)

 

常勤医師

職位 氏名 専門分野・その他  
准教授
(皮膚外科)
(医局長)
金子 高英 【専門】皮膚科学
(皮膚悪性腫瘍、がん化学療法など)
日本皮膚科学会専門医、皮膚悪性腫瘍指導専門医、がん治療認定医、日本皮膚外科学会(理事)
准教授 木村 有太子 【専門】皮膚科学
(アトピー性皮膚炎、レーザー、真菌症)
日本皮膚科学会専門医、美容皮膚・レーザー指導専門医、日本医真菌学会認定専門医、日本美容皮膚科学会(代議員)
助手 栗原 麻菜 【専門】皮膚科学
日本皮膚科学会専門医
助手 林 倫子 【専門】皮膚科学
助手 猪狩 友佳 【専門】皮膚科学
助手 北村 由依子 【専門】皮膚科学
助手 坂口 裕美 【専門】皮膚科学
講師
(非常勤)
木下 綾子 【専門】皮膚科学
日本皮膚科学会専門医
日本感染症学会認定医
講師
(非常勤)
一宮 紀子 【専門】皮膚科学
日本皮膚科学会専門医

その他スタッフ

職位 氏名 専門分野・その他
皮膚科専攻 野口 篤 順天堂大学静岡病院に出向中
日本皮膚科学会専門医
皮膚科専攻 稲毛 明子 順天堂大学練馬病院に出向中
皮膚科専攻 宮田 彩可  
皮膚科専攻 宇佐美 圭恵  
皮膚科専攻 江口 令  
皮膚科専攻 齋川 真子  
大学院生 鶴町 宗大  
大学院生 岸 龍馬  
大学院生 加藤 塁  
大学院生 河村 麻佑  
大学院生 小島 豪  
大学院生 豊澤 優衣  
講師(非常勤) 竹内 かおり 日本皮膚科学会専門医
講師(非常勤) 水野 泰子 日本皮膚科学会専門医
講師(非常勤) 奥村 和子 日本皮膚科学会専門医

学会活動/認定施設など

2020年度

英文原著
  1. Kawakami T, Akiyama M, Ishida-Yamamoto A, Nakano H, Mitoma C, Yoneda K, Suga Y : Clinical practice guide for the treatment of perforating dermatosis. Japanese dermatological association clinical practice guide. J Dermatol 47: 1374-1382, 2020.
  2. Kimura U, Hiruma M, Kano R, Matsumoto T, Noguchi H, Takamori K, Suga Y. Caution and warning: arrival of terbinafine-resistant trichophyton interdigitale of the Indian genotype, isolated from extensive dermatophytosis, in Japan. J Dermatol., 2020; 47: e192-e193.
  3. Takeichi T, Suga Y, Mizuno T, Okuno Y, Ichikawa D, Kono M, Lee JYW, McGrath JA, Akiyama M.: Recurrent KRT10 variant in ichthyosis with confetti. Acta Derm Venereol. 100(14):adv00209, 2020. doi: 10.2340/00015555-3570.
  4. Kurosaki Y, Tsurumachi M, Kamata Y, Tominaga M, Suga Y, Takamori K. : Effects of 308 nm excimer light treatment on the skin microbiome of atopic dermatitis patients. Photodermatol Photoimmunol Photomed 36: 185-191, 2020.
  5. Ogawa T, Ishitsuka Y, Nakamura Y, Kubota N, Saito A, Fujisawa Y, Watanabe R, Okiyama N, Suga Y, Roop DR, Fujimoto M.: NRF2 augments epidermal antioxidant defenses and promotes atopy. J Immunol 205 :907-914, 2020.
  6. Kano R, Kimura U, Kakurai M, Hiruma J, Kamata H, Suga Y, Harada K. : "Trichophyton indotineae sp. nov.: a new highly terbinafine-resistant anthropophilic dermatophyte species”. Mycopathologia 185 :947-958, 2020.
  7. Kobayashi H, Shiohama T, Nakashima M, Saitsu H, Suga Y, Ebata R, Shimojo N.: Fulminant myocarditis following recurrent systemic erythrokeratodermia in a child with a heterozygous GJA1 variant. Am J Med Genet 182: 1933-1938, 2020.
  8. Utsumi D, Yasuda M, Amano H, Suga Y, Seishima M, Takahashi K: Hair abnormality in Netherton syndrome observed under polarized light microscopy. J Am Acad Dermatol, 83: 847-853, 2020.
  9. Kamo A, Umehara Y, Negi O, Iwata M, Kamata Y, Suga Y, Ogawa H, Tominaga M, Takamori K. : Effects of Kakato-tsurutsuru socks on dry heels in healthy volunteer subjects. J Dermatol 47: 413-417, 2020.
  10. Yoshida Y, Hayakawa K, Fujishiro M, Ikeda K, Tsushima H, Hirai T, Kawasaki M, Tominaga M, Suga Y, Takamori K, Watanabe Y, Sekigawa I, Morimoto S.: Social defeat stress exacerbates atopic dermatitis through downregulation of DNA methyltransferase 1 and upregulation of C-C motif chemokine receptor 7 in skin dendritic cells. Biochem Biophys Res Commun., 529: 1073-1079, 2020.
  11. Yoshikawa T, Takeichi T, Suga Y, Kitajima Y, Akiyama M: Unique reticular hyperkeratotic eruptions seen in a patient with Darier’s disease and attention deficit hyperactivity disorder. J Eur Acad Dermatol Venereol 34: e41-e43, 2020.
  12. Yoshikawa T, Takeichi T, Ogi T, Suga Y, Muro Y, Akiyama M: A heterozygous SERPINB7 mutation is a possible modifying factor for epidermolytic palmoplantar keratoderma. J Dermatol Sci 100: 148-151, 2020.
  13. Kamata Y, Tominaga M, Umehara Y, Honda K, Kamo A, Moniaga CS, Komiya E, Toyama S, Suga Y, Ogawa H, Takamori K. Calcium-inducible MAPK/AP-1 signaling drives semaphorin 3A expression in normal human epidermal keratinocytes. J Invest Dermatol. 140: 1346-1354, 2020.
  14. Moniaga CS, Kamata Y, Ogawa H, Suga Y, Tominaga M, Takamori K. Hydrogen sulfide modulates the expression of axon-guidance molecules in human keratinocytes. J Dermatol Sci 97: 232-235, 2020.
  15. Noguchi H, Matsumoto T , Kimura U, Hiruma M, Kano R, Yaguchi T, Ihn H : Non-dermatophyte mould onychomycosis in Japan.  Med Mycol J 61: 23-31, 2020.
  16. Asari T, Rokunohe D, Sasaki E, Kaneko T, Kumagai G, Wada K, Tanaka S, Sawamura D, Ishibashi Y: Occupational ionizing radiation-induced skin injury among orthopedic surgeons: A clinical survey. J Orthop Sci. 2020 Dec 18:S0949-2658(20)30348-1.
  17. Umehara Y, Toyama S, Tominaga M, Matsuda H, Takahashi N, Kamata Y, Niyonsaba F, Ogawa H, Takamori K. Robust induction of neural crest cells to derive peripheral sensory neurons from human induced pluripotent stem cells. Sci Rep., 2020; 10(1): 4360.
  18. Iwamoto S, Tominaga M, Kamata Y, Kawakami T, Ogawa H, Osada T, Takamori K. : Association between inflammatory bowel disease and pruritus. Crohns Colitis 360., 2020: 1: otaa 012.
英文総説
  1. Komiya E, Tominaga M, Kamata Y, Suga Y, Takamori K. : Molecular and cellular mechanisms of itch in psoriasis. Int J Mol Sci 21: 8406, 2020.
  2. Moniaga CS, Tominaga M, Takamori K. Mechanisms and Management of Itch in Dry Skin. Acta Derm Venereol 100: adv00024, 2020.
  3. Tominaga M, Takamori K. Report of the 5th Academic Special Symposium “Aiming to overcome intractable itch” in Juntendo University. Juntendo Medical Journal 66: 284–287, 2020.
英文著書
  1. Kamata Y, Tominaga M, Takamori K. Relief of intractable itch in atopic dermatitis. Atopic Dermatitis: From Diagnosis to Treatment. In: Atopic Dermatitis: From Diagnosis to Treatment. Editors: Andreas Maur. Nova Science Publishers, Inc.; Chapter 1, 1–58, 2020.
和文総説
  1. 髙森建二. 最新Topics「かゆみ」の科学. Newton 8: 110-117, 2020.
  2. 髙森建二. かゆみの治療. Clinical Neuroscience 38: 989–993, 2020.
  3. 髙森建二. かゆみを止める. 医歯協MATE 317: 7–11, 2020.
  4. 冨永光俊、髙森建二. 痒みを生じる皮膚疾患と治療薬―アトピー性皮膚炎を中心に. ファルマシア56: 811–815, 2020.
  5. 鎌田弥生、冨永光俊、髙森建二. ヒト表皮角化細胞におけるセマフォリン3Aの発現制御機構. 生化学 92: 850–856, 2020.
  6. 須賀 康: 『尋常性痤瘡治療ガイドライン2017』日本皮膚科学会ガイドライン. Medicina 57: 344-347, 2020.
和文著書
  1. 須賀 康、河野太郎、中野俊二、宮田成章:シワ・タルミに対するレーザー等の機器による治療. 美容医療診療指針(令和元年度厚生労働科学特別研究事業 研究代表者 大慈弥裕之) 日美外報42:110-116, 2020.
  2. 須賀 康:疣贅の治療.ロングパルスNd:YAGレーザー. 目からウロコの疣贅診療ハンドブック. p.123-127, 南江堂, 東京, 2020. 三石剛、渡辺大輔 編集
  3. 須賀 康: 4.香粧品でシワを改善できるのか? What's New in 臨床皮膚科学 2020-2021. メディカルレビュー社  東京 p.202-203. 2020年7月.
  4. 須賀 康:高齢者のシミとイボを治します.皮膚診療をスッキリまとめました. p.129-135, 南江堂, 東京, 2020. 林伸和 編集
  5. 須賀 康:「美容皮膚科でも必須のダーモスコープ」 皮膚科診療わたしの工夫 Viento 8: 4, 2020. 編集(佐藤伸一、加藤則人、藤本 学、椛島健治) メディカル・プロフェショナル・リレーションズ 東京.
  6. 須賀 康:「痤瘡・酒皶」 今日の治療指針(2020年度版) 福井次矢、高木 誠、小室一成 総編集 p. 1321-1322 医学書院 東京 2020.
  7. 木村有太子、比留間政太郎、須賀康:小児での経口抗真菌薬の使い時と用量はどう考える? 薬局 特集 表在性皮膚真菌症 2020 71-76 119-124 2537-2542 南山堂
  8. 木村有太子:痤瘡瘢痕の治療にはどのようなものがありますか. 皮膚科の臨床 62:820-836, 2020.
  9. 木村有太子、須賀康:肝斑におけるトラネキサム酸のエビデンス 誌上シンポジウム:肝斑を見極める!日美皮会誌 30: 309-315, 2020.
  10. 木村有太子:美白を解き明かす 座談会. Bella Pelle 5: 6-13, 2020.
  11. 木村有太子:めざせ、美白! Bella Pelle17: 2-4, 2020年8月.
  12. 金子高英:表皮下石灰化結節 40 図解 こどものあざとできもの 全日本病院出版会 林 礼人・大原國章/編 2020年8月
  13. 金子高英:仙尾部胼胝様皮疹 41 図解 こどものあざとできもの 全日本病院出版会 林 礼人・大原國章/編 2020年8月
  14. 金子高英:日経メディクイズ出題と回答 50歳男性。四肢伸側、腰部の鱗屑を伴う紅斑局面 皮膚 日経メディカル 2020.11 015-016 44-45
  15. 林 倫子、木村有太子、金子高英、髙森建二、石井文人、名嘉眞武国、須賀 康: 自己免疫性水疱症との鑑別を必要とした抑肝散による固定薬疹の1例. 皮膚臨床62:1656-1660, 2020.
  16. 一宮紀子、髙森建二:透析患者によくみられる皮膚症状 透析ケア 26-12 p14-15.
  17. 加藤 塁、金子高英、木村有太子、髙森建二、安齋眞一、田中 勝、須賀 康: 後天性反応性穿孔性膠原線維症:ダーモスコピーが診断に有用であった冬季悪化例.皮膚病診療 42: 1062-1065, 2020.
  18. 鶴町宗大、木村有太子、金子高英、髙森建二、須賀 康: アプレミラスト内服後に皮疹の増悪がみられた尋常性乾癬.皮膚病診療 42: 798-802, 2020.
  19. 河村麻佑、栗原麻菜、木村有太子、金子高英、髙森建二、石井文人、名嘉眞武国、須賀 康:ロキシスロマイシンとニコチン酸アミドの併用内服療法が奏効した疱疹状天疱瘡の1例.皮膚病診療 43: 144-148, 2020.
  20. 加藤 塁、金子高英、木村有太子、髙森建二、吉川剛典、武市拓也、秋山真志、北島康雄、須賀 康: 特徴的な網状皮疹がみられたダリエ病の1例: ダーモスコピー所見に関する考察も含めて. 第34回角化症研究会記録集 p.86-90. 協和企画 東京 2020.
  21. 冨永光俊、髙森建二. 乾癬のかゆみ. 山本俊幸 (編集) シリーズ 中山書店 皮膚科ベストコレクション 『乾癬・掌蹠膿疱症-病態の理解と治療最前線―』. 2章–11, 113–120, 2020.
海外学会発表
  1. Toyama S, Moniaga CS, Ogawa H, Tominaga M, Takamori K. Relationship between skin barrier condition and regulatory T cell distribution in a mouse model of skin barrier disruption. JSA/WAO Joint Congress 2020, Kyoto, Japan, September 17-20, 2020 (concurrent session)
  2. Toba-Ichihashi Y, Suzuki T, Sakurai T, Tominaga M, Takamori K. Hair growth promoting activity of Zanthoxylum bungeanum extract in human 3D dermal papilla spheroids. The 31th The International Federation of Societies of Cosmetic Chemists (IFSCC) Congress, Yokohama, Japan, Octber 21-23, 2020 (Poster session)
  3. Satoh M, Suzuki T, Sakurai T, Tominaga M, Takamori K. Development of a new in vitro assay designed to measure environments-triggered skin hypersensitivity in induced pluripotent stem cell-derived sensory neuron. The 31th The International Federation of Societies of Cosmetic Chemists (IFSCC) Congress, Yokohama, Japan, Octber 21-23, 2020 (Poster session)
  4. Honda K, Tominaga M, Kusube F, Yamakura F, Naito H, Ogawa H, Takamori K. Investigation of the antipruritic mechanisms of kappa opioid receptor agonist in the murine spinal dorsal horn. The 97th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, Oita, Japan, March 17-19, 2020 (誌上発表)
  5. Kamata Y, Tominaga M, Katoh R, Suga Y, Ogawa H, Takamori K. Exploration of cytoprotectant on sorafenib-induced hand-foot syndrome. 第45回日本研究皮膚科学会, ウインクあいち, 名古屋, 2020年12月11日~12月13日 (poster presentation)
  6. Toyama S, Moniaga CS, Tominaga M, Suga Y, Ogawa H, Takamori K. Kinetic analysis of regulatory T cells in skin barrier disruption. 第45回日本研究皮膚科学会, ウインクあいち, 名古屋, 2020年12月11日~12月13日 (concurrent oral presentation)
  7. Komiya E, Hatano R, Itoh T, Honda K, Kamata Y, Toyama S, Moniaga CS, Otsuka H, Takahashi N, Ohnuma K, Tominaga M, Morimoto C, Takamori K. Endomorphin preferentially induces mechanical alloknesis under the control of DPPIV enzyme. 第45回日本研究皮膚科学会, ウインクあいち, 名古屋, 2020年12月11日~12月13日 (concurrent oral presentation)
  8. Suga Y: “The topics of aging and antiaging related to epidermal keratinization.”The 12th Juntendo University in collaboration with 19th Mae Fah Luang International Conference in Dermatology Aesthetic Dermatology and Anti Aging Medicine. Sep 12th, 2020 in Bangkok, Thailand.
国内学会発表
  1. 須賀 康、白井康裕、坪井良治:「美容皮膚科における新総合補償制度について」 第38回日本美容皮膚科学会総会・学術大会 東京2020年9月12日〜13日.
  2. 金子高英:化膿性汗腺炎の外科治療〜薬物療法のその前に〜 Skin Disease Forum  千葉 2020年3月.
  3. 木村有太子、比留間政太郎、加納塁、松本忠彦、野口博光、髙森建二、須賀康:インド由来のテルビナフィン耐性 trichophyton interdigitaleによる汎発性白癬:本邦第1例 第119回日本皮膚科学会総会 2020年6月.
  4. 猪狩友佳、一宮紀子、金子高英、木村有太子、髙森建二、石井文人、須賀康:金子高英、免疫グロブリン大量静注療法(IVIG)が奏効した主要随伴性天疱瘡の1例 第41回水疱症研究会 松山 2020年1月.
  5. 河村麻佑、栗原麻菜、木村有太子、金子高英、髙森建二、石井文人、名嘉眞武国、須賀 康:ロキシスロマイシンとニコチン酸アミドの内服療法(RXM/NA)が奏効した疱疹状天疱瘡の1例 第41回水疱症研究会 松山 2020年1月.
  6. 河村麻佑、金子高英、木村有太子、髙森建二、須賀康:Multiple pinwheel scalp flapsで再建した頭部有刺細胞癌の1例 日本皮膚科学会第889回東京地方会  東京 2020年2月.
  7. 河村麻佑、金子高英、木村有太子、髙森建二、須賀康:ヘパリンカルシウム皮下注射部に著明な好酸球性脂肪織炎を生じた妊婦の1例 第84回日本皮膚科学会東京支部学術大会 2020年11月 (Web開催)
  8. 林倫子、栗原麻菜、木村有太子、金子高英、髙森建二、須賀康:皮膚形質細胞増多症の1例. 日本皮膚科学会第888回東京地方会 東京 2020年1月.
  9. 林倫子、木村有太子、金子高英、髙森建二、須賀康:携帯型空間除菌剤による刺激性接触皮膚炎の1例 日本皮膚科学会第893回東京地方会 2020年12月 (Web開催)
  10. 鶴町宗大、木村有太子、金子高英、佐々木信一、髙森建二、須賀 康:アダリムマブ投与中に遅発性間質性肺炎を生じた尋常性乾癬の1例 日本皮膚科学会第889回東京地方会 東京 2020年2月.
  11. 加藤 塁、金子高英、木村有太子、髙森建二、須賀康:Hallopeau型増殖性天疱瘡の1例 日本皮膚科学会第889回東京地方会 東京 2020年2月.
  12. 北村由依子、金子高英、黒崎裕子、木村有太子、髙森建二、須賀康:顔面に生じたmultiple primary melanomaの1例 日本皮膚科学会第889回東京地方会 東京 2020年2月.
  13. 北村由依子、木村有太子、金子高英、髙森建二、岩崎裕幸、高原久嗣、林野久紀、泉浩、冨田茂樹、須賀康:手指、足趾を中心に多発性の痛風結節を生じた1例 第71回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2020年10月 (Web開催)
  14. Y.Kurosaki, M,Tsurumachi, Y,Kamata, M,Tominaga, Y.Suga,K.Takamori :
    Effects of Escimer Light Treatment on the skin microbiome of atopic dermatitis patients  第119回日本皮膚科学会総会 2020年6月 (Web開催)
  15. .枝亜希子、鈴木民江、桜井哲人、鎌田弥生、冨永光俊、根木治、鶴町宗大、須賀康、髙森建二:健常皮膚におけるFABP5の機能 第119回日本皮膚科学会総会 2020年6月 (Web開催)
  16. 枝亜希子、吉野崇、鈴木民恵、桜井哲人、鎌田弥生、冨永光俊、鶴町宗大、木村有太子、須賀康、髙森建二:加齢皮膚における角層FABP5(fatty acic-binding protein 5) 量と肌状態との関係について  第38回日本美容皮膚科学会総会・学術大会 東京2020年9月12日〜13日
  17. 山田祐太朗、吉野崇、鈴木民江、桜井哲人、鎌田弥生、冨永光俊、根木治、鶴町宗大、須賀康、髙森建二:皮膚バリア機能に関わる角層不溶性タンパク質の変動要因の解明 第119回日本皮膚科学会総会 2020年6月 (Web開催)
  18. 山田祐太朗、吉野崇、鈴木民恵、桜井哲人、鎌田弥生、冨永光俊、鶴町宗大、木村有太子、須賀康、髙森建二:角層中のタンパク質(IP)の比率は、季節、年令による皮膚バリア機能、ターンオーバーの変動と関係する  第38回日本美容皮膚科学会総会・学術大会 東京2020年9月12日〜13日
  19. 山田祐太朗、吉野崇、鈴木民恵、桜井哲人、鎌田弥生、冨永光俊、鶴町宗大、木村有太子、須賀康、髙森建二. 角層中の不溶性タンパク質の比率は、季節や年齢による皮膚バリア機能、ターンオーバー、酸化ストレスの変動と関係する. 第35回角化症研究会, , 2020年11月14日 (Web開催)
  20. 野口博光、松本忠彦、木村有太子、比留間政太郎、加納塁、矢口貴志、福島聡、尹浩信:ホスラブコナゾールで治療した Fusarium proliferatumによる爪無色菌糸症 第119回日本皮膚科学会総会 2020年6月 (Web開催)
  21. 宮田彩可、木村有太子、木下綾子、栗原麻菜、林礼人、須賀康:毛網血管拡張症のレーザー治療中に診断された左鼻翼部基底細胞癌の1例 第38回日本美容皮膚科学会総会・学術大会 東京2020年9月12日〜13日 (Web開催)
  22. 加藤塁、金子高英、木村有太子、髙森建二、須賀康:ダーモスコピーが診断に有用であった後天性反応性穿孔性膠原線維症の1例 日本皮膚科学会第891回東京地方会 2020年9月 東京 (Web開催)
  23. 鶴町宗大、金子高英、木村有太子、髙森建二、北村庸雄、須賀康:長期間にわたり胆汁うっ滞型の肝障害が遷延したSJS進展型TENの妊婦症例 第71回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2020年10月 (Web開催)
  24. 岸龍馬、木村有太子、金子高英、髙森建二、吉川仁美、佐々木信一、須賀康:抗結核薬による治療後に生じた右頸部皮膚線病の1例 日本皮膚科学会第888回東京地方会 東京 2020年1月 (Web開催).
  25. 岸龍馬、金子高英、木村有太子、髙森建二、須賀康:Ulcerative cutaneous plasmacytosisの1例 第72回日本皮膚科学会西部支部学術大会 2020年10月 (Web開催)
  26. 野尻岳、上森友樹、内山美津希、東名怜、林礼人、伊勢友加里、金子高英、須賀康、髙森建二、肥後隆三郎:若年女性の耳垂部に生じた腺様嚢胞癌の治療経験 第35回日本皮膚外科学会総会・学術集会 2020年10月 (Web開催)
  27. 小島豪、金子高英、木村有太子、髙森建二、須賀康:ストーマ周囲皮膚に生じた大腸過形成性ポリープの1例 日本皮膚科学会第892回東京地方会 2020年10月(Web開催)
  28. 小島豪、木村有太子、金子高英、髙森建二、須賀康:付近麻痺を合併した帯状疱疹の1例 日本皮膚科学会第893回東京地方会 2020年12月 (Web開催)
  29. 坂口裕美、金子高英、木村有太子、髙森建二、須賀康:前額部の皮下腫瘍摘出後に生じた外傷性神経腫(traumatic neuroma)の1例 日本皮膚科学会第892回東京地方会 2020年10月(Web開催)
  30. 豊澤優衣、栗原麻菜、木村有太子、金子高英、須賀康、髙森建二:ジアフェニルスルホン内服とステロイド局注の併用療法が奏功した集簇性痤瘡の1例  日本皮膚科学会第893回東京地方会 2020年12月 (Web開催)
  31. 岩本志穂、冨永光俊、鎌田弥生、髙森建二. 潰瘍性大腸炎のかゆみとドライスキン. 第119回日本皮膚科学会総会, 国立京都国際会館, 京都, 2020年6月4日~6月7日 (ポスター発表)
  32. 鎌田弥生、冨永光俊、本田耕太郎、Catharina Sagita Moniaga、古宮栄利子、外山扇雅、髙森建二. カルシウムイオン濃度は正常ヒト表皮におけるセマフォリン3A遺伝子の発現制御に関与する. 第38回サイトプロテクション研究会, メルパルク京都, 京都, 2020年8月26日 (口頭発表)
  33. 鎌田弥生、冨永光俊、髙森建二. 分子標的薬ソラフェニブによる表皮細胞障害に対する細胞保護剤の探索. 第93回日本生化学会大会, パシフィコ横浜, 横浜, 2020年9月14日~16日 (ポスター発表)
講演
  1. 須賀 康:Two birds with one stone: 美容皮膚科・レーザー指導専門医で習得する手技・知識について 第119回日本皮膚科学会総会 2020年6月 (Web開催)
  2. 須賀 康:疣贅のレーザー治療の実際 第119回日本皮膚科学会総会 2020年6月 (Web開催)
  3. 須賀 康:尋常性痤瘡の最新知見と瘢痕予防へのアプローチ 第166回浦安皮膚臨床懇話会 2020年10月 (Web開催)
  4. 須賀 康:令和皮膚科医のための美容皮膚科治療 2020 第357回沖縄皮膚科勉強会 2020年11月 (Web開催)
  5. 髙森建二. 難治性かゆみを制御する~アトピー性皮膚炎を中心に~. 第1回アトピー性皮膚炎痒みコンセンサス会議, 大阪, 2020年9月27日((Web開催)
  6. 髙森建二:難治性かゆみを制御する,中央臨床研究会,中央区,Jan.15,2020
  7. 髙森建二:透析に由来するかゆみの病態と治療,第36回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会シンポジウム4、透析・痒疹のかゆみを和らげるために,浜松,Sep.21,2020
  8. 髙森建二:バリア障害は難治性かゆみを誘導する,日本香粧品学会第45回教育セミナー,Nov.27,2020(Web開催)
  9. 金子高英: 実践!皮膚外科道場 アドバンスコース:皮膚外科の応用手技を学ぶ 第119回日本皮膚科学会総会 2020年6月 (Web開催)
  10. 木村有太子: 爪白癬および関連疾患の最新の話題の発信 Nail disease web seminar 2020年11月 (Web開催)
  11. 木村有太子:爪白癬の診断と治療の向上 勤務医のための爪白癬治療 2020年11月 兵庫配信 (Web開催)
  12. 木村有太子:薬剤師の調剤業務を実施する上で必要な医療情報の提供 浦安市薬剤師会学術研修会 2020年 12月 千葉
その他 (広報活動など)
  1. 鎌田弥生、冨永光俊、髙森建二. 難治性かゆみに蛋白質関与‐Sema3A産生機構解明. 薬事日報(3面), 掲載日:2020年4月13日
  2. 髙森建二、冨永光俊. 難治性かゆみの克服を目指すアジア初の研究センター‐髙森建二・順天堂かゆみ研究センター長らに聞く◆Vol.1. 医療情報専門サイトM3.com編集部, 配信日:2020年5月8日(金)
  3. 髙森建二、冨永光俊. 消化器内科医とも共同研究中。原因不明のかゆみ解明に挑み続ける‐髙森建二・順天堂かゆみ研究センター長らに聞く◆Vol.2. 医療情報専門サイトM3.com編集部, 配信日:2020年5月15日(金)
  4. 髙森建二. かけばかくほどかきたくなるのはなぜ?. 番組名: 又吉のヘウレーカ(NHK Eテレ), 放映日: 2020年11月4日(水)
  5. 髙森建二. 静電気と肌の関係性,北海道文化放送「みんテレ」,Jan.9,2020(放映)
  6. 髙森建二. 冬の大敵完全防護マニュアル静電気はつらいよ,女性セブン,2月6日号,68-70,Jan.23,2020
  7. 髙森建二:頭のかゆみ,栄養と料理,5月号,95-99,May.1,2020
  8. 髙森建二:働く女性の保健室,WOMAN,夏号,113,Jun.27,2020
  9. 髙森建二:年齢別・子どもの皮膚トラブル解決帳,頼れるドクター,2020-2021版,14-19,Sep.30,2020
  10. 髙森建二:かゆみは体内から始まる,女性セブン,11月26日号,99-102,Nov.12,2020
  11. 髙森建二:透析患者によくみられる皮膚症状,かゆみ治療薬,紫外線照射,透析ケア,Vol.26.No.12,14-15,39-41,44-45,Dec.1,2020
  12. 髙森建二:日本を代表する「かゆみ」研究の第一人者~髙森建二先生~,名医の羅針,Oct.23,2020(Web公開)
  13. 髙森建二:健康マメ知識「静電気」,からだケアナビ,Nov.13,2020(Web公開)
  14. 髙森建二:乾燥肌神経刺激してかゆく,読売新聞,Nov,2020
  15. 髙森建二、冨永光俊. 肌トラブルを解消する―かゆみをなくすための正しい知識. 毎日新聞出版社. 2020年12月19日発行
  16. 加茂敦子、髙森建二:紫外線照射 透析ケア 26-12
  17. 木村有太子:マスクで肌荒れ 防ぐには 教えてヨミドック 読売新聞夕刊 2020年11月28日
  18. 木村有太子:一般的に言われる「加齢臭」について、症状、原因、治療法、予防法を解説する 文春オンライン 2020年12月

認定施設

  1. 日本皮膚科学会認定専門医研修施設(主研修医施設、研修基幹施設)
  2. 日本皮膚科学会生物学的製剤承認施設
  3. 日本レーザー医学会認定施設
  4. 重症薬疹診療拠点病院
  5. 難病指定医療機関、小児慢性特定疾病指定医療機関

患者さまとご家族のみなさまへ

2003年で開設100周年を迎えた順天堂大学皮膚科学教室は、前主任教授の小川秀興先生(現在、学校法人順天堂学長・理事長)のご指導のもと、これまでの「難治性皮膚疾患の病態と治療」を教室の統一テーマとし、診療、教育、研究いずれの分野でも活発な活動を行って参りました。

私ども順天堂大学浦安病院皮膚科学教室は現、理事の髙森建二先生が1993年に本郷から浦安へ初代教授として就任し、その後を2007年に教授須賀康が引き継ぎ、これまでに26年間の臨床・研究実績を積み上げ、現在では常勤医師8名、入院15病床の国内有数の皮膚科として評価されるようになりました。また、診療にあたっては順天堂の学是である「不断前進」「仁」を具現すべく「科学的根拠にもとづいた医療」「苦しみを理解する医療」を合言葉にスタッフ一同診療に当たってきました。

これからも私どもは長い間培われてきた精神を引き継ぎ、皮膚疾患に苦しむ患者さんに最高の医療を提供すべく努力してゆく所存ですので、よろしくお願いいたします。

外来診療

皮膚疾患全般を対象に診療をおこない、東葛南部医療圏の基幹病院としての役割を果たします。

「正確な診断」のため、アレルギー疾患では血液検査、パッチテスト。真菌疾患(水虫、タムシ)には顕微鏡検査。皮膚腫瘍にはダーモスコピーや皮膚生検術などを積極的に行います。診断・病態・検査結果はできるだけわかりやすく的確にお伝えするように努力して参ります。

外来診療では治療ガイドラインに基づいたエビデンスのある「スタンダードな治療」を行うことを目標としています。外用・内服療法の指導、紫外線療法、レーザー療法、手術療法、生物製剤、化学療法などをそれぞれの病態に合わせて行います。

当院は機構専門医制度認定の皮膚科基幹施設であり、日本皮膚科学会認定の専門医主研修施設、生物学的製剤承認施設です。

皮膚科外来からのお願い

初診の方や、長い期間を空けて受診される方は近隣の医療機関からのご紹介状をお持ちください。

初診の方は「お薬手帳」などを持参して頂けると問診が確実でスムースです。

皮膚の異常を確実に拝見できる「着脱しやすい服装(お顔の場合は化粧を落として)」で受診をしていただければ幸いです。

お知らせ

ご紹介状の無い初診の予約診察は行っておりません。他医療機関からのご紹介状をいただいている場合は、前医を通じて紹介初診予約センター(047-303-3551)へご連絡いただけると、初診受付後にすみやかなご案内をさせていただけますので、是非ご利用ください。

入院診療

入院診療は16病床で年間入院患者数は400名を越えています。主に重症の帯状疱疹、中毒疹(薬疹)、蕁麻疹、蜂窩織炎などの急性疾患の治療や悪性・良性の皮膚腫瘍の手術、難治性足潰瘍の治療や各種アレルギーの検査入院などを取り扱っています。

また、天疱瘡、類天疱瘡など自己免疫性水疱症の血漿交換療法や免疫グロブリン大量静注療法、アトピー性皮膚炎・汎発性脱毛症・尋常性乾癬の光化学療法、悪性腫瘍の化学療法、白斑に対する表皮植皮術、皮膚潰瘍に対する植皮術、重症型薬疹に対する血漿交換療法、免疫グロブリン大量療法など、様々な難治性皮膚疾患に対して先進的な診療を受けることも可能です。

入院診療においては「入院クリティカルパス」を積極的に導入し、安全で負担の少ない治療を行なうよう心がけておりますので、外来診療医にお気軽にご相談ください。

具体的な内容については入院診療ページをご覧ください。

紹介してくださる先生方へ

アトピー性皮膚炎や蕁麻疹、ニキビ、カブレ、水虫、イボ、脱毛症などの皮膚科の所謂common diseaseにおいては、難治例や悪化例などを中心に診療しております。日頃の外来診療でお困りの際には是非ご相談ください。近年では、難治で重症の乾癬やアトピー性皮膚炎に対しては紫外線療法を積極的に組み合わせ、さらに生物学的製剤や新規内服薬の導入なども行うことにより良好な成績を収められるようになりました。難治性の慢性蕁麻疹に対しても生物学的製剤の導入を検討させていただきます。外来治療に反応しないアトピー性皮膚炎や乾癬、帯状疱疹や水疱症、紫斑病、皮膚潰瘍、全身薬疹などの重症患者には入院診療で対応させていただきます。クリティカルパスを積極的に導入し、安全で負担の少ない治療を行います。退院後のフォローアップは原則的に病棟の主治医が外来でも一貫して行っています。高齢化に伴って増えている皮膚悪性腫瘍に対してはダーモスコピー、超音波検査、CT、MRIなどで正確な診断を行い、その後の外科手術、抗がん剤治療なども充実した診療体制を目指します。もし、先生方が診ている患者さんで「皮疹や症状がひどいな」「悪性のものではないだろうか」と感じておられる場合には当科外来にご相談ください。ご紹介の際には、地域医療連携室にFAXか電話でご一報をいただければ初診予約も可能です。なお、疾患、症状に応じて逆紹介も積極的に行って参りますので何卒よろしくお願いいたします。緊急の場合には日中は当科外来、それ以外は救急外来へ直接お電話をください。スタッフ一同、信頼してくださる皆さま方の期待に応えられるように努力をして参りますので、積極的なご紹介をいただければ幸いです。