• 交通アクセス
  • 文字サイズ標準

診療科・部門のご紹介

MEDICALCARE

がん診療について

がん診療連携拠点病院

当院は「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けた病院です。(2008年2月より)

がん診療連携拠点病院とは、2007年4月に施行された「がん対策基本法」に基づき全国どこでも「質の高いがん医療」を提供することを目指して、都道府県による推薦をもとに厚生労働大臣が指定した病院です。 各都道府県で中心的役割を果たす「都道府県がん診療連携拠点病院」と都道府県内の各地域(2次医療圏)で中心的役割を果たす「地域がん診療連携拠点病院」があります。

診療体制や実績

各診療科の体制

手術、放射線治療、薬物療法を効果的に組み合わせた「集学的治療」を提供する体制を整備しています。各学会の診療ガイドラインに準じた標準的治療はもとより、がん患者さんの状態に応じた適切な治療を提供しています。詳しくは、診療科・部門のご紹介をご覧ください。

当院のがん診療の特徴
診療実績

がん診療連携拠点病院として以下を概ね満たす必要があります。当院の実績(2019年1月1日~12月31日)は以下のとおりです。

求められる実績 当院の実績
院内がん登録数(入院、外来は問わない自施設初回治療分)年間500件以上 1,822件
悪性腫瘍の手術件数 年間400件以上 1,147件
がんに係る薬物療法のべ患者数 年間1,000人以上 1,449件
放射線治療のべ患者数 年間200人以上 481件
緩和ケアチームの新規介入患者数 年間50人以上 1,149件
薬物療法

外来患者さんを対象に抗がん剤の点滴や注射を行う「薬物療法センター」を設置しています。 専任の医師・看護師・薬剤師が常駐し、安全に治療を受けていただけるよう努めております。詳しくはこちらをご覧ください。

緩和ケア

治療の時期に関わらず、患者さんはもちろんご家族の不安や心配などを和らげ自分らしい生活をおくることができるよう、専門の医療スタッフ(緩和ケアチーム)がお手伝いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。

キャンサーボード

がん治療戦略に難渋している症例などに対して最適で標準の治療を提供するために、手術、薬物療法、放射線、緩和ケアなどの専門分野や診療科の垣根を越えて行うカンファレンスです。必要に応じて看護師などの多職種も参加して意見交換を行っています。

セカンドオピニオン

他の医療機関に入院または通院されているがん患者さんを対象に当院の専門医ががんについての診断内容や治療法などに関して助言を行い、今後の治療に関して患者さんが納得して開かれた良い医療を受けられるための参考にしていただくことを目的とする外来です。詳しくはこちらをご覧ください。

地域連携

地域の医療機関から紹介されたがん患者さんの受け入れを行ったり、がん患者さんの状態に応じて地域の医療機関へご紹介を行ったりするなど、地域医療連携を推進しています。

浦安緩和ケア連携カンファレンス

在宅緩和ケアに関する地域連携のさらなる強化を図るため、連携先となる医療機関や居宅介護支援事業所などが一堂に会して情報共有や相互評価を行うため、定期的にカンファレンスを開催しています。

相談窓口や情報発信の状況について

がん相談支援センター

治療や療養生活全般、地域の医療機関情報など、当院の患者さんやご家族をはじめかかりつけの病院や住まいの地域にかかわらず、どなたでも無料で相談することができます。詳しくはこちらをご覧ください。

 
(外部サイトへ)
がんに関する最新の正しい情報がわかりやすく紹介されたホームページです。
(運営:国立がん研究センターがん対策情報センター)

(外部サイトへ)
千葉県内のがんに関する情報を提供しているホームページです。
(運営:千葉県地域統括相談支援センター)
普及啓発活動

パンフレットなどの製作、地域の学校を対象とした「がん教育」、千葉県や浦安市が主催する普及啓発イベントへの協力などを行っています。

パンフレットの製作

いずれも、がん治療センターでお渡しできます。

【対象】がんと診断された患者さんやご家族
【内容】相談窓口のご紹介、病気に関する情報を集める際のポイントなどを掲載しています。

ダウンロードはこちら(PDF)
【対象】薬物療法を受けられる方
【内容】副作用に関する知識、日常生活の工夫などを掲載しています。

ダウンロードはこちら(PDF)
あおべか通信

がん相談支援センターの活動やがん診療連携拠点病院の役割などについて、広くお知らせするための広報紙を発行して近隣の医療機関や調剤薬局などにお送りしています。また、がん治療センターでもお渡しできます。最新号のダウンロードはこちら(PDF)

がん教育

子どもの頃から健康と命の大切さについて学び、自らの健康を適切に管理することはとても重要です。がんについても、正しい知識やがん患者さんへの理解をとおして健康と命の大切さに対する認識を深める「がん教育」の推進が必要といわれています。ご依頼をいただいた市内の小中学校に医師がお伺いして、病気のあらましや生活習慣と予防などについて講演を行っています。

浦安市などが主催する啓発イベントへの協力

平成31年1月に施行された「浦安市がん対策の推進に関する条例」により、がん診療連携拠点病院としてさらなる役割の発揮を期待されており、各種イベントなどへの協力も積極的に行っています。

  • がん予防展・講演会in浦安の様子(2020年1月)

  • ケーブルテレビ「こちら浦安情報局」への出演(2018年12月)

院内がん登録

病院で診断されたり治療されたりしたすべての患者さんのがんについての情報を診療科問わず病院全体で集め、その病院のがん診療がどのように行われているかを明らかにする調査です。これは平成25年法律第111号がん登録などの推進に関する法律(平成28年1月1日施行)および院内がん登録の実施に係る指針(厚生労働省告示第470号)に基づき行われものです。がん診療連携拠点病院は「院内がん登録」を行うことが指定の要件とされており、患者さんのがんの診断、治療に関する情報について登録を行っています。登録した情報は、氏名などの個人が特定できる情報を取り除いた形でがんの統計・分析などに利用されます。
当院の登録情報の詳しくはこちら(PDF)をご覧ください。
参考:がん情報サービス「がん登録>院内がん登録」(外部サイトへ)

予後調査について

院内がん登録では、登録後の健康状態を確認するための追跡調査を定期的に行っています。通院状況や退院時の情報で予後が把握できなかった場合には、国立がん研究センターを通じて市区町村への住民票照会を行います。調査を希望されない場合は、その旨をお申し出ください。その場合でも、診療に関しての不利益が生じることは一切ございません。皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

医療従事者への研修会など

院内をはじめ地域のがん診療に携わる医療従事者を対象とした各種研修会を開催しています。

緩和ケア研修会

「がん等の診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会の開催指針」(平成29年12月1日付け健発1201第2号厚生労働省健康局長通知)に基づいてがんなどの診療に携わる全ての医療従事者が基本的な緩和ケアについて正しく理解し、緩和ケアに対する知識や技術、態度を修得することを目的として開催しています。

  • 研修会の様子

  • 緩和ケア研修会を修了した当院の医師は、名札に「緩和ケア修了者バッジ」を着用しています。

研修会のお申し込みについて

研修会当日の2か月前から募集を開始しています。

臨床研究・調査研究

政策的公衆衛生的に必要性の高い調査研究に協力しています。また、臨床研究については、臨床研究法(平成29年法律第16号)に則った体制を整備しています。詳しくはこちらをご覧ください。

がん診療均てん化のための臨床情報データベース構築と活用に関する研究実施のお知らせ
PDCAサイクルの確保

当院のがんに関する診療機能や診療実績、地域連携に関する実績や活動状況のほか、がん患者さんの療養生活の質について把握・評価し課題認識を院内関係者で共有した上で、組織的な改善策を講じています。千葉県では、千葉県がん診療連携協議会などで県内にある各がん診療連携拠点病院などと情報共有や相互評価を行っています。

がんゲノム医療連携病院

当院は、国立がん研究センター東病院(がんゲノム医療中核拠点病院)と連携する「がんゲノム医療連携病院」の指定を受けた病院です。(2020年1月より)

がんゲノム医療とは、主にがんの組織を用いて多数の遺伝子を同時に調べ(がん遺伝子パネル検査)、遺伝子の変異を明らかにすることにより、患者さんの体質や病状に合わせて治療などを行う個別化医療です。
全国どこでもがんゲノム医療が受けられるよう厚生労働省は、「がんゲノム医療中核拠点病院」や「がんゲノム医療拠点病院」、「がんゲノム医療連携病院」を全国の病院に指定しています。

がんゲノム医療とは

正常の細胞は、核の中に設計図であるゲノムというものを持っています。このゲノムの中でタンパク質を作る部分を遺伝子と呼び、遺伝子には2万あまりの種類があることが分かっています。この遺伝子に傷が入り変異を起こし、それが積み重なることががんの原因と言われています。近年、がんの原因となっている複数の遺伝子を一度に調べることのできる「遺伝子パネル検査」という検査が登場しました。遺伝子の変異に応じて薬物治療(抗がん剤)の選択の補助に用いることができるようになってきています。これを、がんゲノム医療と呼び個々の患者さんのがんの性質に合わせた治療すなわち「がんの個別化医療」のひとつです。
参考:がん情報サービス「がんゲノム医療 もっと詳しく知りたい方へ」(外部サイトへ)

がん遺伝子パネル検査

検査対象となる方
  1. 固形がん(血液のがんは除く)
  2. 標準治療がない希少がん
  3. 局所進行もしくは転移があり、標準治療が終了した(終了見込みを含む)

上記1~3のいずれかに該当し、次の新たな薬物療法を希望する場合に検討します。また、全身状態などの条件もありますので、がん患者さん誰もが対象となるわけではありません。

検査に期待できること

検査の結果、遺伝子変異が見つかった場合、その遺伝子変異に対応した薬があれば臨床試験などでその薬を使用することを検討できます。

検査の留意点

検査の結果、遺伝子変異が見つからない場合もあります。治療選択に役立つ可能性がある遺伝子変異は、約半数の患者さんで見つかります。遺伝子変異があっても使用できる薬がない場合もあります。自分に合う薬の使用(臨床試験を含む)に結びつく人は、全体の10%程度といわれています。

ゲノム情報の管理

保険診療として行う遺伝子パネル検査の結果と臨床情報は、患者さんの同意に基づき「国立がん研究センター がんゲノム情報管理センター(C-CAT)」に集められ、大切に保管されます。その情報は、ご本人の今後の治療や診断のみならず、ほかの患者さんのよりよいゲノム医療のためにも貴重な基盤データとなります。また、適切・公平な手順で、国内外の研究者によるがんの新しい治療開発などの研究のためにも活用されます。

当院でがん遺伝子パネル検査を受けたいときは

患者さん・ご家族の方へ

がんの遺伝子センター(がん治療センター内)に専門外来を設置しています。当院におかかりの場合は、主治医へご相談ください。他の医療機関におかかりの場合は、現在通院中の医療機関からの予約が必要になりますので、主治医の先生とご相談ください。

ご紹介くださる医療機関の方へ

当院でのがん遺伝子パネル検査をご希望の場合は、以下のお問い合わせ先へ連絡ください。

お問い合わせ

「がん遺伝子パネル検査について」とお伝えください。
順天堂大学医学部附属浦安病院 がん相談支援センター
電  話:047-382-1341(直通)
受付時間:月~金曜日 9時~16時30分 土曜日 9時~12時30分