• 交通アクセス
  • 文字サイズ標準

診療科・部門のご紹介

MEDICALCARE

お知らせ

2022.4.1 口腔ケア室を開設しました。
     ※当院では、入れ歯の作製や虫歯治療などの一般歯科治療は行っていません。

室長あいさつ

室長
佐々木 信一
(呼吸器内科 教授)

このたび、入院患者さんに対して、術後の合併症や有害事象を回避し、入院生活の質的向上と原疾患の早期回復を図るため、「口腔ケア室」を開設しました。
口腔ケアとは、口腔の疾病予防、健康保持・増進、リハビリテーションによりQOLの向上をめざした科学・技術です。具体的には、検診、口腔清掃、義歯の着脱と手入れ、咀嚼・摂食・嚥下のリハビリ、歯肉・頬部のマッサージ、食事の介護、口臭の除去、口腔乾燥予防などがあります。
口腔ケアの目的は口の中を清潔にするだけでなく、歯や口の疾患を予防し、口腔の機能を維持することであり、さらに、全身状態の改善と、全身疾患の治癒・予防を図ることです。(図1)
具体的には以下のものなどが挙げられます。
①口腔内の清潔と潤いを保つ。
②誤嚥性肺炎をはじめ口腔内細菌による感染の予防。
③粘膜ケアにより咳反射・嚥下反射を高める。
④口腔機能を維持向上することでQOL向上につなげる(食べる、会話、笑顔)。
また、大学病院における口腔ケアの目的には、主に術後合併症としての肺炎予防や、悪性腫瘍の放射線療法・化学療法に際して起こりやすい口腔粘膜炎や顎骨壊死といった副作用を予防することが挙げられます。(図2)
今後、口腔ケア室を潤滑かつ活発に運営し、より高度で良質な医療を患者さんに届けられるよう精一杯精進して参ります。


図1



図2


スタッフ紹介

職種 氏名  
歯科医師 住友 伸一郎
歯科医師 山岡 真太郎

他、歯科衛生士