• 交通アクセス
  • 文字サイズ標準

診療科・部門のご紹介

MEDICALCARE

科のご紹介

トピックス

放射線科では、主として他科からの依頼により、CT、MRI、消化管造影、血管造影、尿路造影等の検査の施行、診断を行っています。画像診断の技術を利用したカテーテルを用いた治療(インターベンショナル・ラジオロジー)も積極的に取り入れており、また、放射性同位元素(アイソトープ)を用いた甲状腺機能亢進症の治療や、転移性骨腫瘍の治療や疼痛緩和療法、そして各臓器の核医学診断なども行っております。さらに、各種の悪性腫瘍の放射線による治療を行っています。

放射線治療は、患者さんへの肉体的負担が少なく、しかも機能・形態の温存を可能にする優れた治療法です。

診療科概要

放射線診断、核医学、放射線治療の3部門からなり、放射線医学の全領域にわたり担当しています。大学病院としての高度先進性と地域病院としての身近さを目指しており、熟練した診療放射線技師とともに診断、核医学、治療各部門担当の専門医が行っています。

診断部門では年間の一般X線撮影、消化管造影検査、血管造影検査、特に動注化学療法・塞栓療法といったインターベンショナル・ラジオロジーの分野にも力を入れてます。この他、CT検査、MRI検査、検査や各科から依頼のあった特殊検査にも対応しています。

CT検査ではMDCT・ヘリカルCTを採用しており、頭頚部領域を中心に血管や骨の三次元画像も作製しています。全例に診断レポートを作成しており、年間読影レポートは約十万枚に及びます。

核医学部門ではSPECT(断層画像)を用いた脳や心臓の機能検査も行っています。特に腫瘍核医学には重点を置いており、SPECT(断層画像)を用いて術前・術後の腫瘍の進展範囲および再発・転移の把握に役立てています。

放射線治療部門では、乳がんおよび肺がんが多くを占めていますが、関連各科と協力して集学的治療を行い、できるだけ機能形態の温存をはかっています。

診療案内

放射線診断、核医学検査とも他科医師や他連携施設からの依頼による予約検査となります。放射線治療外来も医師の紹介が必要です。

当科は日本医学放射線学会が認定する放射線科専門医修練機関ならびに日本核医学会認定医教育病院に指定され、6名の放射線科専門医により、研修医および医学部学生の教育も行っています。

『放射線』と聞くと悪いイメージを持たれる方がおられると思いますが、医療における放射線は患者さんの受益のために使用されており、その量も我々専門家により管理されており心配ありません。検査内容等でご質問のある方はお気軽におたずねください。

特有の設備

CT(2管球式128スライスMDCT 1台、320列MDCT 1台、80列MDCT 1台)、MRI(3T装置 1台、1.5T装置 2台)、血管撮影装置(2台)、核医学装置(3検出器型ガンマカメラ1台、2検出器型ガンマカメラ1台)、汎用リニアック 1台、IMRT専用リニアック 1台、CTシミュレーター 1台、治療計画装置 2台、X線透視装置 2台、一般撮影装置 4台、乳房撮影装置 1台、ポータブル撮影装置 8台

頭部MRI画像

頭部MRI画像

ガリウムシンチスペクト画像

radiology01

バーチャル腹腔鏡イメージ

radiology02

取り扱う主な疾患

放射線治療の対象となる各種悪性腫瘍。特に頭頸部がん、肺がん、乳がん、前立腺がんなど。

診療実績

2019年度

 リニアック

部位 件数
 全患者数 530
 脳・脊髄 28
 頭頚部 9
 食道 8
 肺・縦隔・胸腺 59
   うち肺 47
 胸膜 0
 乳腺 126
 肝・胆・膵 2
 胃・小腸・結腸・直腸 18
 婦人科系 19
 泌尿器系 25
   うち前立腺 18
 リンパ節 80
 皮膚・骨・軟部 156
 良性 0
 その他 0
 15歳以下の小児 0

 強度変調照射(IMRT)

部位 件数
 全患者数 112
 頭頚部 27
 脳・脊髄 8
 食道 0
 肺 1
 肝・胆・膵 1
 婦人科系 1
 泌尿器系 59
   うち前立腺 59
 リンパ節 2
 全脳全脊髄照射 0
 全身照射(TBI) 1
 骨 0

外来診療

放射線治療外来

放射線治療外来の受診対象者は、当院各診療科または他院で放射線治療の適応と判断された方が、紹介状を持参して受診される外来です。
通常のリニアック装置に加え強度変調照射(IMRT)専用装置であるトモセラピーも導入されました。
最終的な適応は診察の上、当科で判断させていただきます。

外来診察室

地下1階リニアック

担当者

放射線治療部門の責任者 齋藤アンネ優子医師が担当させていただきます。

新患外来・フォロー診察

完全予約制とさせていただいております。(電話番号:047-353-3111 内線3267)

外来担当医表はこちら

照射中の患者さんの定期診察

月曜日 午前・午後

放射線治療(照射)

月曜日 午前・午後
火曜日 午前・午後
水曜日 午前・午後
木曜日 午前・午後
金曜日 午前・午後

照射休止日

土曜日、日曜日、祝日、創立記念日(5月15日)は、照射休止といたします。
ただし、年末年始、ゴールデンウィークなどは、連日休止とせず、照射日を設けます。
詳しくは、放射線治療室までお問い合わせください(電話番号:047-353-3111 内線3267)。

初診患者さんへ

放射線治療部門は、必ず、診察予約をされてからお越しください。他院よりお越しになる場合は、前医の紹介状、画像などが必要となります。

医療連携について

・放射線診断・核医学ともに、他施設からのご依頼により検査を施行しております。
ほとんどの検査は予約制となりますので電話予約をお願いいたします。

・放射線診断(CT,MRIなど)の予約・お問い合わせ
放射線科受付(1F:内線3260,3261)
電話受付 平日 9:00~17:00  土 9:00~13:00

・核医学検査の予約・お問い合わせ
核医学受付(2F:内線へお願いいたします。なお、検査結果については画像データをCD-R(Windows対応)に焼き、診断レポートと診療情報提供書を添えてお送りいたしますが、そのために若干の患者様負担が発生することをご了解ください。

スタッフ紹介

科長補佐
鈴木 通真
(先任准教授)

経歴 2002年 順天堂大学卒
2008年 順天堂大学大学院卒
2009年~2011年 フランス国立衛生科学研究所(フランス政府給費留学生)
専門 放射線科学一般、特に神経放射線診断
資格 日本医学放射線学会診断専門医、日本医学放射線学会診断指導医

診断

職位 氏名 出身大学・専門分野・その他  
先任准教授 京極 伸介 順天堂大学卒
【取得資格】日本医学放射線学会診断専門医、日本核医学会PET認定医、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会認定医師、肺がんCT検診認定機構認定医師、PET核医学認定医
放科 京極198800888.JPG
助手 菊地 奈央 愛知医科大学卒
【取得資格】日本医学放射線学会診断専門医、PET核医学認定医、マンモグラフィ読影認定医
助手 山岸 亮平 順天堂大学卒
【取得資格】日本医学放射線学会診断専門医、核医学専門医、PET核医学認定医、マンモグラフィ読影認定医
助手 大図 ひろみ 順天堂大学卒
大学院生 桑鶴 良季 北里大学卒 

治療

職位 氏名 出身大学・専門分野・その他  
准教授 齋藤アンネ優子

順天堂大学卒
【取得資格】放射線治療専門医、がん治療認定医、マンモグラフィ読影認定医、禁煙認定指導医

saito02.jpg
助手 柳田 全孝 順天堂大学卒

学会活動/認定施設など

学会活動

2019年
原著
  1. Fujita S, Hagiwara A, Hori M, Warntjes M, Kamagata K, Fukunaga I, Goto M, Takuya H, Takasu K, Andica C, Maekawa T, Takemura MY, Irie R, Wada A, Suzuki M, Aoki S. 3D quantitative synthetic MRI-derived cortical thickness and subcortical brain vol-umes: Scan-rescan repeatability and comparison with conventional T(1)-weighted images. J Magn Reson Imaging. 2019 Apr 10. doi: 10.1002/jmri.26744. IF:3.732/CI:3
  2. Kumamaru KK, Kumamaru H, Yasunaga H, Matsui H, Omiya T, Hori M, Suzuki M, Wa-da A, Kamagata K, Takamura T, Irie R, Nakanishi A, Aoki S. Large hospital variation in the utilization of Post-procedural CT to detect pulmonary embolism/Deep Vein Thrombosis in Patients Undergoing Total Knee or Hip Replacement Surgery: Japa-nese Nationwide Diagnosis Procedure Combination Database Study. Br J Radiol. 2019 May;92:20180825. IF: 1.939/CI:0
  3. Hattori A, Kamagata K, Kirino E, Andica C, Tanaka S, Hagiwara A, Fujita S, Maekawa T, Irie R, Kumamaru KK, Suzuki M, Wada A, Hori M, Aoki S. White matter alterations in adult with autism spectrum disorder evaluated using diffusion kurtosis imaging. Neuroradiology. 2019 Jun 18. doi: 10.1007/s00234-019-02238-5. IF: 2.504 /CI:0
  4. Andica C, Hagiwara A, Hori M, Kamagata K, Koshino S, Maekawa T, Suzuki M, Fuji-wara H, Ikeno M, Shimizu T, Suzuki H, Sugano H, Arai H, Aoki S. Review of synthetic MRI in pediatric brains: Basic principle of MR quantification, its features, clinical ap-plications, and limitations. J Neuroradiol. 2019 Jul;46:268-275. Review. IF:2.467/CI: 2
  5. Wada A, Tsuruta K, Irie R, Kamagata K, Maekawa T, Fujita S, Koshino S, Kumamaru K, Suzuki M, Nakanishi A, Hori M, Aoki S. Differentiating Alzheimer's Disease from Dementia with Lewy Bodies Using a Deep Learning Technique Based on Structural Brain Connectivity. Magn Reson Med Sci. 2019 Jul 16;18:219-224. IF:1.481/CI:0
  6. Murata S, Tachibana Y, Murata K, Kamagata K, Hori M, Andica C, Suzuki M, Wada A, Kumamaru K, Hagiwara A, Irie R, Sato S, Hamasaki N, Fukunaga I, Hoshito H, Aoki S. Comparison of magnetization transfer contrast of conventional and simultaneous multislice turbo spin echo acquisitions focusing on excitation time interval. Jpn J Radiol. 2019 Aug;37:579-589. IF: 1.500 /CI: 0
  7. Andica C, Kamagata K, Hatano T, Saito A, Uchida W, Ogawa T, Takeshige-Amano H, Zalesky A, Wada A, Suzuki M, Hagiwara A, Irie R, Hori M, Kumamaru KK, Oyama G, Shimo Y, Umemura A, Pantelis C, Hattori N, Aoki S. Free-Water Imaging in White and Gray Matter in Parkinson's Disease. Cells. 2019 Aug 5;8. IF:5.656 /CI: 0
  8. Le Berre A, Kamagata K, Otsuka Y, Andica C, Hatano T, Saccenti L, Ogawa T, Takeshige-Amano H, Wada A, Suzuki M, Hagiwara A, Irie R, Hori M, Oyama G, Shimo Y, Umemura A, Hattori N, Aoki S. Convolutional neural network-based segmentation can help in assessing the substantia nigra in neuromelanin MRI. Neuroradiology. 2019 Aug 10. doi: 10.1007/s00234-019-02279-w. [Epub ahead of print] IF: 2.504 /CI:0
  9. Fujita S, Hagiwara A, Hori M, Warntjes M, Kamagata K, Fukunaga I, Andica C, Maekawa T, Irie R, Takemura MY, Kumamaru KK, Wada A, Suzuki M, Ozaki Y, Abe O, Aoki S. Three-dimensional high-resolution simultaneous quantitative mapping of the whole brain with 3D-QALAS: An accuracy and repeatability study. Magn Reson Im-aging. 2019 Aug 21;63:235-243. IF:2.112/CI:0
  10. Andica C, Hagiwara A, Hori M, Haruyama T, Fujita S, Maekawa T, Kamagata K, Yo-shida MT, Suzuki M, Sugano H, Arai H, Aoki S. Aberrant myelination in patients with Sturge-Weber syndrome analyzed using synthetic quantitative magnetic resonance imaging. Neuroradiology. 2019 Sep;61:1055-1066. IF: 2.504 /CI: 0
  11. Haneda J, Hagiwara A, Hori M, Wada A, Fukunaga I, Murata K, Kamagata K, Fujita S, Maekawa T, Irie R, Takamura T, Suzuki M, Kunishima Kumamaru K, Aoki S. A Com-parison of Techniques for Correcting Eddy-current and Motion-induced Distortions in Diffusion-weighted Echo-planar Images. Magn Reson Med Sci. 2019 Oct 15;18:272-275. IF: 1.481 /CI:0
  12. Ikenouchi Y, Kamagata K, Andica C, Hatano T, Ogawa T, Takeshige-Amano H, Kami-ya K, Wada A, Suzuki M, Fujita S, Hagiwara A, Irie R, Hori M, Oyama G, Shimo Y, Umemura A, Hattori N, Aoki S. Evaluation of white matter microstructure in patients with Parkinson's disease using microscopic fractional anisotropy. Neuroradiology. 2019 Nov 4. doi: 10.1007/s00234-019-02301-1. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 31680195. IF: 2.504 /CI:0
  13. Aibe N, Karasawa K, Aoki M, Akahane K, Ogawa I, Ogo E, Kanamori S, Kawamori J, Saito AI, Shiraishi K, Sekine H,Tachiiri S, Yoshimura M,Yamauchi C: Results of a nationwide survey on Japanese clinical practice in breast-conserving radiotherapy for breast cancer. J Radiat Res .60(1):142-149,2019
著書
  1. 鈴木 通真(順天堂大学 放射線診断学講座), 池之内 穣, 青木 茂樹。【脊椎脊髄MRI再入門-これだけは知っておこう】脊椎脊髄MRIのアーチファクトと偶発所見  脊椎脊髄ジャーナル (0914-4412)33巻1号 Page14-20(2020.01)
学会・研究会発表
  1. Inoue T, Horikawa Y, Sugita T, Otsuka A, Kosaka T, Kawai S, Shinozuka M, Sai-to AI :Exploratory study of important radiomics features for two-year survival clas-sification model of non-small cell lung cancer patients.第117回日本医学物理学会学術大会, 横浜,Apr11.2019
  2. 齋藤アンネ優子:順天堂浦安病院におけるゾーフィゴ使用経験. 第2回浦安Urology&Radiology meeting,浦安, Apr24. 2019
  3. Irie R, Kamiya K, Hori M, Suzuki M, Kamagata K, Maekawa T, Fujita S, Takenaka Y, Fukunaga I, Nakajima M, Miyajima M, Murata K, Aoki S. Evaluating microstructure of the corticospinal tract in normal pressure hydrocephalus with diffusion MRI using oscillating gradient spin-echo. ISMRM 2019 Montreal.
  4. Fujita S, Hagiwara A, Hori M, Yujiro O, Fukunaga I, Takano N, Andica C, Maekawa T, Irie R, Kamagata K, Wada A, Suzuki M, Aoki S. Synthetic MR Angiography: A Feasi-bility Study of MR Angiography based on 3D Synthetic MRI. ISMRM 2019. Motreal.
  5. Suzuki M, Takano N, Irie R, Teranishi K, Sato K, Ikenouchi Y, Fujita S, Akashi T, Hagi-awara A, Kumamaru KK, Wada A, Hori M, Yamamoto M, Ooishi H, Aoki S. Impact of 4D- Ultra-Short Echo Time MR Angiography on Neuroimaging.RSNA 2019. Chicago.
  6. Fujita S, Otsuka Y, Hagiwara A, Hori M, Takei N, Hwang KP, Irie R, Maekawa T, Ancica C, Akashi T, Kamagata K, Kumamaru KK, Suzuki M, Wada A, Aoki S. MR Angiography without additional scan; deep learning for generating MRA from 3D quantitative synthetic MRI. RSNA 2019. Chicago.
  7. Sugeno K, Kumamatu KK, Otsuka Y, Nomura Y, Suzuki K, Wada A, Kamagata K, Hoti M, Suzuki M, Sato K, Aoki S. Development of a 3D U-net Deep-learning Model for Automated Detection of Lung nodules on chest CT images: internal and external validation using LIDC and Japanese datasets. RSNA 2019. Chicago.
  8. Unetを用いた脂肪信号抑制MR画像の生成。和田 昭彦(順天堂大学 医学部放射線科), 加藤 伸平, 大塚 裕次朗, 斉藤 勇哉, 萩原 彰文, 藤田 翔平, 藤本 幸多朗, 池之内 穣, 佐藤 香菜子, 明石 敏昭, 天野 真紀, 鈴木 通真, 鎌形 康司, 隈丸 加奈子, 堀 正明, 中西 淳, 青木 茂樹。日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集 (0048-0428)55回 Page S535(2019.09)
  9. 大図ひろみ,子宮腺肉腫の1例,第33回日本腹部放射線学会,下関,Jun28.29.2019
  10. 京極伸介,富士フイルム富山化学講演会,富士フイルム講演会,日本橋,Sep12.2019
  11. Saito Ai, Nojiri S, Inoue T, Sasai K, Yamaguchi N: Do the “Oldest old” Non-small cell lung cancer patients experience the worst outcomes after radiotherapy?. ASTRO’s 61th Annual Meeting, Chicago USA, Sep15.2019
  12. 齋藤アンネ優子,井上達也,三橋平:超高齢者非小細胞癌の放射線療法の安全性と有効性.日本放射線腫瘍学会第32回学術大会,名古屋,Nov21.2019
  13. 京極伸介,治験コーディネーター講演会,EP総合本社,新宿,Nov23.2019
  14. 井上達也,横田拓実,三橋平,小坂敬裕,北條昇,河合悟,篠澤守,齋藤アンネ優子:ノズル画像を用いた深層学習によるMVCT画像の画質改善. 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会,名古屋,Nov23.2019
  15. 齋藤アンネ優子:アイデア脳と五択脳.第9回女性研究者研究活動シンポジウム,東京,Nov30.2019
  16. 齋藤アンネ優子,難波由喜子,野尻宗子,佐々木信一:超高齢者非小細胞癌の化学放射線療法の安全性と有効性.第60回日本肺癌学会学術集会,大阪,Dec6.2019
  17. Ultra-Gradientシステムの脳神経領域におけるインパクト ランチョンセミナー 日本脳神経CI学会2019.3月
その他
  1. 齋藤アンネ優子:特別講演「Development and Implementation of the World’s First Clinical MR Liniac」 . 第32回高精度放射線外部照射部会学術大会, 座長.東京,Mar 4.2019
  2. 齋藤アンネ優子:招待講演Chapman CH :”Comparison of Leadership Between Japan and America”.第78回日本医学放射線学会総会, 座長.横浜, Apr13. 2019
  3. 京極伸介:Urayasu Urology & Radlology Meeting,座長 千葉,Apr24.2019
  4. 京極伸介:新入生キャンプ,実行委員,千葉,Apr20.21.2019
  5. 齋藤アンネ優子: The 14th meeting of TJCRO, オーガナイザー.東京,Mar31.2019
  6. Saito AI:海外招待講演 “ Life of Radiation Oncologists in Japan”. The Dep of Radiation Oncology, Univ of Chicago , USA, Sep 29.2019
  7. 京極伸介:東葛地区放射線学術講演会,座長 千葉,Oct18.2019
  8. 齋藤アンネ優子:シンポジウムパネリスト. シンポジウム「最新技術を用いた集学的がん治療」.「非小細胞癌の放射線療法」演者.第57回日本癌治療学会学術集会,福岡,Oct25.2019
  9. 齋藤アンネ優子:順天堂大学附属浦安病院看護師講義「肺がんの放射線療法」.浦安,Oct.2019
  10. 齋藤アンネ優子:症例提示・コメンテーター「激論!非小細胞肺癌における3D-CRTの限界に挑戦」.Radiation Oncology Conference in Funabashi,千葉,Oct30.2019
  11. 齋藤アンネ優子:基調講演「非小細胞癌の放射線療法」.The 15th meeting of TJCRO ,東京, Nov8.2019
  12. 京極伸介:日本医学放射線学会関東地方会定期大会,座長 東京,Dec14.2019
  13. 菊地奈央:日本医学放射線学会関東地方会定期大会,座長 東京,Dec14.2019

認定施設

  1. JASTRO日本放射線腫瘍学会認定施設
  2. 日本救急撮影技師認定機構指定実地研修施設
  3. マンモグラフィ検診精度管理中央委員会認定マンモグラフィ検診施設
  4. 日本核医学会専門医教育病院
  5. 日本医学放射線学会放射線科専門医総合修練機関

患者さまとご家族のみなさまへ

下記「紹介してくださる先生方へ」に記載のように、他院からの紹介による検査や治療にも対応しています。ただしその際は、「かかりつけ医」からの紹介・紹介状が必要となります。まずはご自身のかかりつけ医とご相談ください。

紹介してくださる先生方へ

主として他科からの依頼により、CT、MRI、消化管造影、血管造影、尿路造影などの検査の施行、診断を行っています。加えて、画像診断の技術を利用したカテーテルを用いた治療(インターベンショナル・ラジオロジー)、放射性同位元素(アイソトープ)による悪性リンパ腫や前立腺癌の骨転移の治療を行っています。各臓器の核医学診断、各種悪性腫瘍の放射線治療にも注力しています。放射線治療は、患者さんへの肉体的負担が少なく、機能・形態の温存が可能とされる優れた治療法です。「放射線」と聞くと悪いイメージを持たれる患者さんもいらっしゃいますが、医療における放射線は患者さんの受益のために使用されており、我々専門家が被ばく量を含めてしっかり管理しています。どうか安心して受診くださるよう、よろしくお伝えいただければ幸いです。

研修医の先生へ

当科では日本専門医機構認定専門研修プログラムの研修生を募集しています。当院のプログラムでは、特に救急疾患に対する画像診断やI V Rを多く経験するほか、読影のみならず検査自体に責任を持って強く関わることが大きな特徴です。放射線治療を希望する先生にも豊富な症例を経験することが可能です。連携施設である順天堂大学医学部附属順天堂医院、順天堂静岡病院、順天堂練馬病院、越谷市立病院でも個々の施設の特徴に合わせた研鑽を積むことが可能で、総合的な力を持った放射線科医の育成に努めます。

2021年度 放射線科後期研修プログラムについて

プログラム名

『順天堂大学医学部附属浦安病院放射線科専門研修プログラム』
詳細は臨床研修医採用サイトをご覧ください。

プログラム統括責任者

鈴木 通真 (科長)

専門研修の教育方針

2021年度順天堂大学医学部附属浦安病院放射線科専門研修プログラムは新整備基準に従い、3年以上の専門研修により、放射線科領域における幅広い知識と錬磨された技能、ならびに医師としての高い倫理性、コミュニケーション能力およびプロフェッショナリズムを備えた放射線科専門医をめざし、放射線科専攻医(以下、専攻医)を教育します。

応募資格

初期臨床研修を修了した者、もしくは2021年3月までに修了見込みの者
なお、2021年4月以降に修了見込みの者については、専門研修プログラム統括責任者までお問い合わせください。また、研修開始の要件として、日本医学放射線学会への入会が求められることを申し添えます。

募集新規専攻医数

2021年度放射線科専攻医募集定員:3名

お問い合わせ先

順天堂大学医学部附属浦安病院放射線科医局
〒279―0021 千葉県浦安市富岡2丁目1−1
電話:047-353-3111(代表)
E-mail:ju-housyasen@juntendo-urayasu.jp