• 交通アクセス
  • 文字サイズ標準

JUNTENDO UNIVERSITY URAYASU HOSPITAL

IMPORTANT NOTICE重要なお知らせ

バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)発生のお知らせ(第1報~第2報)(更新日:2024年2月22日)

当院において1月30日(火)に入院患者さんから、バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)の新規検出のあった事例について、その後の経過(2月22日現在の状況)をご報告申し上げます。

2024年1月に全病棟の全ての入院患者さんを対象にスクリーニング検査を実施した結果、26名の保菌者が新規に判明しました。その後、2月に再度全病棟スクリーニングを実施中ですが、2月20日時点で、6名の保菌者が新規に検出されています。
1名の患者さんの培養検査結果から血流感染症の判定となりましたが、状態は安定しています。

本件をうけて、臨時に感染症予防対策委員会を開催し、発生状況の共有・今後の対策について検討を行い、行政機関に報告いたしました。

今後、全病棟入院患者さんのスクリーニング検査を実施し、院内での拡散状況の把握を行い、適切な対応を講じます。また、手指衛生・環境整備の徹底・トイレ清掃の強化等の感染対策を引き続けて進めてまいります。

患者さんおよび関係者の皆様には、ご心配とご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

※患者さん、ご家族からのお問い合わせ
 専用ダイヤル 047(382)3050 患者・看護相談室
(平日9時~16時/土曜日9時~12時)

順天堂大学浦安病院長 田  中    裕
感染対策室長 佐々木 信一


 

(第1報)バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)発生のお知らせ(1月30日)

2023年9月~11月にかけて、入院患者さんよりバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)の新規検出があり、2024年1月に入ってからも新規検出が続くことから、当該病棟の全ての入院患者さんを対象にスクリーニング検査を実施した結果、13名の保菌者が判明しました(検出された患者さんは、感染症は発症しておらず、全例腸内保菌者で、健康上の問題はありませんでした。)。
保菌者につきましては、感染拡大防止策の一環として、個室隔離並びにコホート管理による接触予防策を実施しています。

臨時に感染症予防対策委員会を開催し、発生状況の共有・今後の対策について検討を行い、行政機関に報告いたしました。

今後、全病棟入院患者さんのスクリーニング検査を実施し、院内での拡散状況の把握を行い、適切な対応を講じます。また、手指衛生・環境整備の徹底・トイレ清掃の強化等の感染対策を引き続けて進めてまいります。

患者さんおよび関係者の皆様には、ご心配とご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

順天堂大学浦安病院長 田  中    裕
感染対策室長 佐々木 信一

重要なお知らせ一覧