• 交通アクセス
  • フロアマップ
  • お問い合わせ
047-353-3111
  • 標準
  • 大
  • ご来院のみなさま
  • 診療科・部門のご紹介
  • 医療関係のみなさま
  • 病院のご紹介
  • 採用情報
診療部門のご紹介
トップページ診療科・部門のご紹介 > 形成外科・再建外科

形成外科・再建外科

  • ph01.jpg
  • ph02.jpg
  • ph03.jpg
  • ph04.jpg
  • ph05.jpg

患者さまとご家族のみなさまへ

ごあいさつ

 形成外科は、生まれつきの変形や傷跡、できものなど、体の外表面に生じる様々な病気を手術を中心とした外科的手段によって治療します。一方、再建外科では、顔面頚部四肢といった露出部における瘢痕・醜形を中心に、乳房再建など躯幹にも生じる変形・欠損に対する再建術を行ないます。
 ガンや怪我で生じた皮膚や組織の欠損に対して、組織移植を行ない補なうことを専門的に担当し、しばしば他の診療科をサポートする形で診療に携わります。頭からつま先まで体表の殆どの部位が対象となり、新生児からお年寄りまで幅広い年齢層の患者さんの治療を行なっていきます。
 順天堂大学附属浦安病院形成外科・再建外科では、先天奇形、外傷、腫瘍、再建外科という形成外科の幅広い分野全てに真摯に取り組んでいきますが、各々の医師の特徴を生かした専門外来も開設し、その専門性を生かした質の高い医療を実現していきたいと考えています。

 形成外科は、外科的手段によって患者さんの精神的・心理的な苦痛・痛みを軽減し、患者さんの社会復帰や生活の質の向上を促す身体ー精神ー外科学とも言われます。患者さんお一人お一人の疾患や悩みに対して、何が出来るかを親身に考え、関連する各診療科との連携も密に行いながら、より良い明日に繋がる医療を提供していきたいと思います。

 気になることがございましたら、どうぞお気軽に形成外科・再建外科外来を受診下さい。

お知らせ、お願い

・初診での予約診察は行っておりません。直接当院の初診受付でカルテを作成後、形成外科・再建外科外来窓口においで下さい。
・外来診療のスケジュールについては外来担当医表をご覧ください。
・他医療機関からのご紹介状を頂いている場合は、紹介初診予約センターにてご予約をお取りしています。是非ご利用下さい。

紹介してくださる先生方へ

ごあいさつ

 近隣の開業医の先生方、さらに遠方の先生方にも、多くの患者さんをご紹介いただき、誠にありがとうございます。

 順天堂大学附属浦安病院形成外科・再建外科では、外傷、腫瘍、先天奇形、再建外科という形成外科の全ての分野に対応が可能です。外傷については日頃から多数のご紹介を頂いている顔面骨骨折や熱傷などに加え、足潰瘍や褥瘡といった難治性の慢性潰瘍についても専門外来を開設し、病態の的確な評価に基づいた治療を循環器内科をはじめとした関連各科とのチーム医療で実現していきます。腫瘍については、今までの自身の研鑽と多くの経験、皮膚科との密な連携により、腫瘍の正確な診断に基づいた総括的な治療を実践しています。特に皮膚軟部の悪性腫瘍や血管腫・血管奇形に対する治療には従来から高い評価を得ており、専門外来には全国から数多くの患者さんに来院して頂いています。先天奇形についても、口唇口蓋裂から小耳症、手足の多合指症など頭から足の先まで、体表面に生じた先天性疾患に長期的な視野を持って対応します。再建外科については、外傷や悪性腫瘍で生じた様々な欠損や変形に対し、マイクロサージャリーを用いた高度な再建手術を施行しています。特に、末梢神経再生に対する基礎研究に基づいた顔面神経麻痺再建における豊富な実績は、当科の大きな特徴と言えます。また、乳房再建についても専門外来を開設し、乳腺外科と一体となって、最良の再建術を行っていきます。その他、眼瞼下垂や瘢痕・ケロイド、アザ・シミなど、体表面に生じた病態に対し、質の高い医療を実現していきます。

 紹介頂いた患者さんお一人お一人に対して、緊密な医療連携を行っていきます。患者さんについてや疾患に対するご質問など、ご不明な点については、どのような事についてもお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

お知らせ、お願い

 ご紹介いただく患者さんに円滑な診察が受けていただけるよう、当院では地域医療連携室を設置しております。詳しくは地域医療連携室のページをご覧ください。

 

 

専門外来 
林 礼人(金曜日 午前・午後)

顔面神経麻痺再建

麻痺の程度や状況に応じ、各々に適した静的・動的再建術を選択していきます。

病的共同運動や拘縮といった後遺症の治療も行ないます。

顔面神経麻痺 様々な動的再建.jpg

血管腫・血管奇形

充分な評価を行なった上で、症状に合わせた治療を検討します。

切除やレーザーに加え、硬化療法などの血管内治療も施行します。

117713155355_2.jpg

皮膚軟部腫瘍・皮膚がん

腫瘍やリンパに対する切除や再建といった外科的治療を一貫して行います。

皮膚科や整形外科との密な連携で、高次元のチーム医療による最良の治療を提供します。

 

吉澤秀和(月曜日 午後)

乳房再建

自家組織および乳房インプラントによる再建手術を、ご希望を踏まえた上で行ないます。

図6.gif
上森友樹(土曜日 午前)

⑤顔面外傷

顔面の挫傷や骨折の患者さんに対し、重症度に応じた治療を速やかに対応していきます。

 

 

福田太郎(火曜日 午後)

⑥慢性潰瘍

足の潰瘍を中心に、循環器内科や関連各科の先生方とも協力し、バランスの取れた治療を行ないます。


入局・研修を希望される先生方へ

 形成外科は、その領域の広さから施設により特徴も異なりますが、先天性疾患から外傷、腫瘍、高度な再建手術まで、形成外科の主要分野全般について学ぶことが可能となります。特に、皮膚悪性腫瘍や外傷、難治性潰瘍は症例数も非常に多く、形成外科医が臨床医として必要とされる基礎的分野をしっかりとした形で数多く経験することが出来ます。また、血管腫・血管奇形に対する血管内治療や顔面神経麻痺に対する再建手術など、限られた施設でしか行われていない特殊な疾患や治療法を身近に学べるのも大きな特徴と言えます。関連各診療科との連携も非常に密で、皮膚科や乳腺外科、外傷再建センター、救急科など複数の診療科と合同カンファレンスを行なうと伴に、足潰瘍についても循環器内科とともにフットケアカンファレンスを開催し、診療科の枠を越えた総括的なチーム医療の一端を担うことで、幅広い分野の医療に携わることが出来ます。院内の初期研修医も数多くラウンドしてくれており、領域毎のクルズスの施行や手技の実践機会の提供など、教育体制の充実を図るとともに、情熱を持った医師教育を医局員一同で行っています。

 当科は日本形成外科学会の研修施設に認定されており、当科における研修は学会専門医の受験資格年数に加えられます。

 

 入局・研修や見学に関するお問い合わせは、医局長の吉澤秀和までお願い致します。

  順天堂大学浦安病院代表:047-353-3111(内線8322)
  E-mail:hyoshi@juntendo-urayasu.jp

 

 

 

順天堂大学医学部付属浦安病院
〒279-0021 千葉県浦安市富岡2丁目1番1号 大代表:047-353-3111
Copyright (c) 2015 JUNTENDO UNIVERSITY URAYASU HOSPITAL All rights reserved.