• 交通アクセス
  • 文字サイズ標準

佐藤博亮医師が糖尿病・内分泌内科科長補佐に就任しました

JUNTENDO UNIVERSITY URAYASU HOSPITAL

ごあいさつ
2021年7月1日付で糖尿病・内分泌内科の診療科長に就任いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。
当科の対象疾患は、糖尿病、脂質異常症、尿酸代謝異常症などの生活習慣病や視床下部下垂体疾患、甲状腺疾患、副甲状腺疾患、副腎疾患などの内分泌疾患と広範囲に及びます。常に、正確に病態を把握し、診断し、合併症を評価し、個々の患者さんにとって、最適な治療法を選択できるように心掛けております。
特に、糖尿病は、増加の一途をたどり、今や国民病と言われております。糖尿病の問題は、網膜症による失明、腎症による腎不全、足壊疽による足切断、心筋梗塞や脳梗塞など重篤な合併症を起こすことです。これら合併症の発症・進展を予防するためには、個々の患者さんの病態に沿った治療を継続し、食事・運動・薬物療法よるより良い血糖コントロールと血圧や脂質のコントロールも含めた集約的治療をしていく必要があります。そのためには、管理栄養士、看護師、薬剤師をはじめとした他職種の医療スタッフとの連携によるチーム医療が重要であり、チーム医療の充実を図っていきたいと考えます。
さらに新しいエビデンスに基づいた最新の治療をいち早く取り入れ、地域の患者さんに最高レベルの医療を提供できるように、日々努力してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

プロフィール
秋田大学1992年卒
【専門分野】糖尿病、内分泌疾患、脂質異常症
【取得資格】日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医、日本糖尿病専門医・研修指導医・評議員、日本内分泌学会専門医・指導医・評議員、日本動脈硬化学会専門医・指導医・評議員、日本病態栄養学会専門医・指導医・NSTコーディネーター・評議員、日本高血圧学会専門医、がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

糖尿病・内分泌内科ページはこちら