• 交通アクセス
  • フロアマップ
  • お問い合わせ
047-353-3111
  • 標準
  • 大
  • ご来院のみなさま
  • 診療科・部門のご紹介
  • 医療関係のみなさま
  • 病院のご紹介
  • 採用情報
診療部門のご紹介
トップページ診療科・部門のご紹介 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科

患者さまとご家族のみなさまへ

ごあいさつ

リハビリテーション科では、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士によるリハビリテーションを、原則として入院の患者さんを対象に、行っています。各診療科からの依頼により、リハビリテーションの専門の医師がリハビリテーションの内容を処方し、チーム医療を行います。外来の患者さんの外来でのリハビリテーションは原則としては、人員やスペースの制限がありますので、整形外科の患者さんに限り、外来でのリハビリテーションを行っています。
リハビリテーション科の特別外来(林明人医師)は金曜の午後、ボツリヌス治療、パーキンソン病・ジストニア・アイザックス症候群やスティッフパーソン症候群どの患者さん、不随意運動の患者さんを対象に、林医師による外来を行っています。

3つのキーワードで示す特徴

1)パーキンソン病など神経疾患に対するリハビリテーション

急性期入院患者を対象に、神経疾患に関する専門知識をもって、リハビリテーションを行っています。日本神経学会パーキンソン病治療ガイドライン作成委員を務めています。また、音楽療法については、日本音楽医療研究会(http://plaza.umin.ac.jp/jmmusic/ )を2009年に主催しました。

2)ジストニア・不随意運動の診療

ジストニアや不随意運動、アイザックス症候群などの疾患も専門とし、診断・治療を行っています。ジストニア班会議のメンバーです。日本運動障害研究会の事務局(http://www.undoshogai.jp/ )、運動障害の機関誌の編集長をしています。

3)ボツリヌス治療

眼瞼けいれん、片側顔面けいれん、痙性斜頸、小児脳性まひなどに対するボツリヌス治療を専門とする外来を行っています。日本神経治療学会のベル麻痺(http://www.jsnt.gr.jp/guideline/bell.html )、顔面けいれんの治療指針作成委員(http://www.jsnt.gr.jp/guideline/ganmen.html )を務めています。全国の医師に対するボツリヌス治療の講習をしています。


お知らせ、お願いなど

スタッフとスペースの都合により、リハビリテーションを目的に外来を受診することはできませんので、まず、各診療科の医師を受診していただき、リハビリテーションの必要な場合には、各診療科での入院の後にリハビリテーションを依頼していただくこととなりますことをご理解ください。

紹介してくださる先生方へ

ごあいさつ

 平成21年11月より、私 林明人がリハビリテーション専門医として赴任しました。よろしくお願いします。療法士のスタッフは16名(PT 10名、OT 4名、ST 2名)です。
  リハビリテーション科では、原則として、各診療科からの依頼により、リハビリテーションの専門の医師がリハビリテーションの内容を処方し、チーム医療を行います。外来の患者さんの外来でのリハビリテーションは原則としては、人員やスペースの制限がありますので、整形外科の患者さんに限り、外来でのリハビリテーションを行っています。
 リハビリテーション科の外来(林明人担当)は、ボツリヌス治療、パーキンソン病・ジストニア・アイザックス症候群やスティッフパーソン症候群どの患者さん、不随意運動の患者さんを対象に金曜の午後、行っています。ボツリヌス治療は、片側顔面けいれん、眼瞼けいれん(メージュ症候群を含む)、痙性斜頸、脳性まひの痙直などを対象に行っています。

リハビリテーション科の特徴についての3つのキーワード

1)パーキンソン病など神経疾患に対するリハビリテーション

急性期入院患者を対象に、神経疾患に関する専門知識をもって、リハビリテーションを行っています。日本神経学会パーキンソン病治療ガイドライン作成委員を務めています。また、音楽療法については、日本音楽医療研究会(http://plaza.umin.ac.jp/jmmusic/ )を2009年に主催しました。

2)ジストニア・不随意運動の診療

ジストニアや不随意運動、アイザックス症候群などの疾患も専門とし、診断・治療を行っています。ジストニア班会議のメンバーです。日本運動障害研究会の事務局(http://www.undoshogai.jp/ )、運動障害の機関誌の編集長をしています。

3)ボツリヌス治療

眼瞼けいれん、片側顔面けいれん、痙性斜頸、小児脳性まひなどに対するボツリヌス治療を専門とする外来を行っています。日本神経治療学会のベル麻痺(http://www.jsnt.gr.jp/guideline/bell.html )、顔面けいれんの治療指針作成委員(http://www.jsnt.gr.jp/guideline/ganmen.html )を務めています。全国の医師に対するボツリヌス治療の講習をしています。

お知らせ、お願いなど

人員とスペースの制限から、リハビリテーションの必要な患者さんは、まず、主となる診療科に紹介していただき、入院の後、リハビリテーションを各診療科から依頼していただき、リハビリテーション科がリハビリを処方するという形となります。何卒よろしくお願いいたします。

入局・研修を希望される先生方へ

* リハビリ専任医師の募集について *

リハビリテーション科では、専任医師の募集をしております。
リハビリを勉強されたい研修医、ほかの科の専門をお持ちの先生やリハビリ専門医を有しておられる先生、一緒に大学病院での仕事に興味のある先生からのご連絡をお待ちしています。詳細については、以下にご連絡ください。
連絡先:林明人:hayashi@juntendo.ac.jp

ごあいさつ

平成21年11月に、順天堂大学医学部付属浦安病院に、リハビリテーション科が設置されました。
まだ、専任の医師は林だけです。入院患者さんのリハビリテーションを処方し、リハビリテーションの療法士16名とチーム医療を行っています。

 

急性期のリハビリテーションが主ですが、そのほかに、特別外来ではボツリヌス治療や不随意運動の診断・治療なども行っています。

 

専門分野としては、神経疾患のリハビリテーション、とくにパーキンソン病、あるいは、ボツリヌス治療を行っています(日本神経学会パーキンソン病治療ガイドライン作成委員、厚生労働省のジストニア治療指針作成研究班委員 日本神経治療学会のベル麻痺と顔面けいれんの標準的治療指針作成委員会メンバー、日本運動障害研究会事務局 運動障害編集長)。

 

また、そのほかに、歩行解析や音楽療法の取り組みなども行っています(一般向けの著書としてパーキンソン病に効くCDブックがあります。日本音楽医療研究会世話人、神経疾患に対する音楽療法を考える会世話人)。

 

まだまだ、診療科としては、成長段階にありますが、一緒にリハビリテーションをやってみたいという意欲・興味のある若い医師の方(前期研修を修了した方あるいは神経内科・脳外科・整形外科そのほかの専門医を取得された方)、あるいは、研究をしてみたいという研究希望の方、ご連絡くださるようお願いします。

 

3つのキーワードで示す特徴

1)パーキンソン病など神経疾患に対するリハビリテーション

急性期入院患者を対象に、神経疾患に関する専門知識をもって、リハビリテーションを行っています。日本神経学会パーキンソン病治療ガイドライン作成委員を務めています。また、音楽療法については、日本音楽医療研究会(http://plaza.umin.ac.jp/jmmusic/ )を2009年に主催しました。

2)ジストニア・不随意運動の診療

ジストニアや不随意運動、アイザックス症候群などの疾患も専門とし、診断・治療を行っています。ジストニア班会議のメンバーです。日本運動障害研究会の事務局(http://www.undoshogai.jp/ )、運動障害の機関誌の編集長をしています。

3)ボツリヌス治療

眼瞼けいれん、片側顔面けいれん、痙性斜頸、小児脳性まひなどに対するボツリヌス治療を専門とする外来を行っています。日本神経治療学会のベル麻痺(http://www.jsnt.gr.jp/guideline/bell.html )、顔面けいれんの治療指針作成委員(http://www.jsnt.gr.jp/guideline/ganmen.html )を務めています。全国の医師に対するボツリヌス治療の講習をしています。

目標・内容について

研修のための目標や内容については、下記をご参照ください。

研修目標:医師としての全科にわたる必須の知識と経験、さらに良医となるべきマインド人間的涵養を磨きながら、将来、リハビリテーション医を目指す研修医を育成します。


疾病や外傷、その結果生じる障害等をもつ患者に対して、リハビリテーションの適応と限界を理解し、適切な処方を行うことができるよう能力を養うことやリハビリテーションの意味を正しく理解し、障害モデルを理解し、機能障害、能力低下、社会的不利の面から患者をとらえることができるようになること、さらに、社会モデルとして患者や患者の取り巻く環境を考えることができることなど、リハビリテーション医学を実践する医師を育てるプログラムを計画します。

 

また、リハビリテーション医として、広い視野を持てるように研修医の希望を汲取り、話し合いを持ちながら、各自の将来のキャリアデザインにそった研修を保証します。リハビリテーション認定医・リハビリテーション専門医・大学院学位(博士号)・リハビリテーションの指導医などにいたる道への円滑な助走となるように配慮します。

具体的な研修内容

1)指導医・上級医のもと、グループの一員としてチーム医療のなかで入院患者を担当する。神経疾患(脳血管障害、脳腫瘍、外傷性脳損傷、神経変性疾患、神経筋疾患など)、骨関節疾患、内科疾患(心疾患、呼吸器疾患など)、感覚器疾患(眼科、耳鼻科疾患など)、精神疾患について理解し、症例を通して経験する。


2)疾病に対する特定の治療を理解する。疾病に伴う合併症や二次障害を予防する。能力低下に対して、日常生活活動の自立を目的とした訓練が処方できる。能力低下があっても、環境整備や装具などの利用によって日常生活活動が自立してできるように統合したサービスが提供できる。リハビリテーションに関与する種々の専門職の意見調整を行うためのカンファレンスを企画運営することができる。など、リハビリテーション医として必要な知識・経験・マインドを養う。


3)リハビリテーションのチーム医療として、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の評価・治療手技を知る。医療ソーシャルワーカーの職務を知る。


4)リハビリテーションで用いる種々の評価方法に習熟する。ADLに関してバーセル・インデックスなど。


5)検査:次の検査について自分で行うことができ、その結果を判断できる。運動負荷試験、筋電図・脳波検査、レントゲン写真、CT/MRIの読影、VFの実施と結果の判定など。


6)治療手技を理解し、実施できる。物理療法、神経ブロック、ボツリヌス毒素治療、心理療法・行動療法・音楽療法など。


7)リハビリテーションに関連する他の分野の知識を身につける。
① 社会保障制度 ② 保健・医療制度 ③ 社会保険制度 ④ 身体障害者福祉法 ⑤ 介護保険など。


8)貴重な経験をした場合は症例報告として、指導医・上級医から学術的な指導を受け、学会や研究会での発表を行う。


9)体調不調時・疑問・問題時には、早めに各科指導医・上級医やチューター・研修センター長などに相談するよう心がける。

 

 

順天堂大学医学部付属浦安病院
〒279-0021 千葉県浦安市富岡2丁目1番1号 大代表:047-353-3111
Copyright (c) 2015 JUNTENDO UNIVERSITY URAYASU HOSPITAL All rights reserved.