• 交通アクセス
  • 文字サイズ標準

診療科・部門のご紹介

MEDICALCARE

お知らせ

ただ今お知らせはありません 。

科のご紹介

外来は午前の一般外来に加え、午後は神経外来、循環器外来、アレルギー外来、低身長外来、腎泌尿器外来などをはじめ、多くの専門外来を開設しています。特に小児の成長発達、内分泌疾患、夜尿や尿路感染症を含む小児腎泌尿器疾患について診療の重点を置いています。
当院は地域周産期母子医療センターとして近隣の産科医と連携をとりながら、新生児医療にも力を入れています。また小児科、小児外科、救急診療科を中心としたこども救急センターを開設し、地域の小児患者の受け入れを積極的に行っています。
今後も地域の中核病院として小児救急診療から専門診療に至るまで幅広く対応し、近隣医師会、病院との連携を基に地域の小児医療を担っていきます。

取り扱う主な疾患

感染症 気管支炎や肺炎、インフルエンザウィルス感染症、RSウィルス感染症、感染性胃腸炎、尿路感染症など、小児医療は感染症に関係する疾患が多い領域です。当科では感染症専門医・指導医,抗菌薬化学療法指導医,感染制御医(ICD)の大日方を中心に,臨床的研究,感染対策を進めています。感染症学会専門医の研修施設となっています。(大日方・新妻)
神 経 てんかん,精神運動発達障害など神経筋疾患を小児神経専門医が診療しています。(中澤・五十嵐・嶋・安部)
循環器 心雑音・不整脈・心電図異常の診断、先天性心疾患・川崎病の冠動脈変化について小児循環器専門医が心臓超音波検査などにより診断しています。(織田・古川)
腎・夜尿 慢性腎炎・難治性ネフローゼ症候群に対し,腎生検,透析治療などの診療を腎臓専門医が行っています。反復性尿路感染症,複雑尿路奇形は小児外科と連携しながら診療しています。
夜尿症に対し、抗利尿ホルモン薬やアラームを用いて積極的な治療を行っています。(西崎・松田)
周産期医療 NICU 9床、GCU 15床が稼働しており、地域周産期センターとして機能しています。
内分泌・代謝 甲状腺疾患、思春期早発症・遅発症,糖尿病、肥満症などの診療を行っています。(大日方・石川・庄野)
低身長 低身長に対する身体発達の評価、原因診断を行っています。
病態に応じて成長ホルモン補充療法、栄養療法などの治療を行っています。(大日方・石川・庄野)
アレルギー 食物アレルギーに対する食物負荷試験および気管支喘息などを診療しています。(松原・米山)
消化器 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)、慢性便秘などの機能性腸疾患、逆流性胃炎、ヘリコバクターピロリの診断治療を小児栄養消化器肝臓専門医が行っています。(神保)
血 液 血友病や血小板減少性紫斑病、血小板無力症など、主に凝固系疾患の診療を行っています。(鈴木)

診療実績

小児科一般

(年度) 2015 2016 2017 2018
外来患者数 26,318 25,422 25,559 23,432
入院患者数(実数) 843 884 1,024 1,166

新生児(NICU/GCU)

(年度) 2015 2016 2017 2018
入院患者数(実数) 196 202 218 254
超低出生体重児 24 12 11 16
人工呼吸管理症例
(N-CPAPは除く)
48 63 50 43

外来診療

低身長外来

子どもの成長

背が高い、低いということは立派な『個性』であり、たとえ小柄であっても自分の可能性を拡げていくことが『大きな成長』につながります。
しかし、低身長の中には病気が原因で背が低くなっている場合があります。これらの病気の中には早期に発見し、早期に治療することにより、本来の伸びるはずの身長を取り戻せる可能性があります。

低身長とは

身長の基準は次のようになります。
3歳を過ぎた時点で、この基準よりも低いもしくは近いようでしたら、早めにご相談ください。

低身長の主な原因

『ホルモンの異常』
→成長ホルモン分泌不全性低身長症、甲状腺機能低下症
『染色体の異常』 
→ターナー症候群、プラダー・ウィリー症候群等
『主要臓器の異常』
→腎不全、炎症性腸疾患
『骨・軟骨の異常』
→軟骨異栄養症
『心理社会的原因』
 →愛情遮断症候群、神経性食思不振症
『子宮内発育障害』
→SGA (small for gestational age)性低身長症
*赤字は成長ホルモン治療対象疾患

当院での成長ホルモン治療実績(2016年11月現在治療中)
低身長の治療と治療時期

原因が病気だと特定できれば、治療できる可能性があります。
(低身長で受診される患者様の約20%)

成長ホルモン注射は家庭で週6~7回の自己注射となります。
成長ホルモンは、骨の軟骨細胞に働きかけて骨を伸ばします。
しかし、思春期を過ぎると大人の骨に変わり、いくら成長ホルモンを注射しても身長が伸びません。

成長ホルモン治療で身長を伸ばせる時期は限られております。小柄なことが気になる方は、早めの受診を勧めます。

 

腎臓・夜尿症外来

5歳を過ぎても、就寝中の尿漏れがある、日中に尿を漏らしてしまう、これまでなかった尿漏れが突然始まった、などの症状があるようでしたらご相談ください。

夜尿症の原因

(1)夜間就寝中の尿産生が多い、(2)夜間就寝中の膀胱への尿貯留が少ない、(3)尿意があっても目が覚めてトイレへ行けない、の3つが原因として想定されています。

夜尿症の種類

多くの場合(75-90%)は幼少期から続く夜尿症が完全に消失していない「一次性夜尿症」に分類されます。しかし稀ながらこれまでなかった夜尿症が突然、始まってしまう「二次性夜尿症」の場合もあります。二次性では、腎尿路の異常や全身疾患に続発して生じる夜尿症に注意が必要です。また一部の患者さんには発達面の問題(ADHD等)が併存する場合もあります。

夜尿症の主な検査・治療
  • 検査・・・尿検査、超音波検査(*必要な患者さんにはレントゲンや採血を追加します)
  • 生活指導・・・就寝前の水分を控える、就寝前の排尿を完全に行う、規則正しい就寝・起床を心がける
  • 薬による治療・・・就寝中の尿量を減らす口腔内崩壊錠(デスモプレシン製剤)、膀胱の収縮を抑えて広がりやすくする(抗コリン薬)、睡眠の質を改善する(漢方薬)などを症状に応じて使用します
  • 薬以外の治療法・・・アラーム療法(尿が漏れた時にブザー音で覚醒させる)
宿泊行事への対応

小学校高学年になると宿泊行事(修学旅行、キャンプ等)が多くなります。夜尿症のあるお子さんも楽しく参加できるようにアドバイスいたします。治療効果を確認するために数週間を要する場合もありますので、お困りの場合は宿泊行事の約2か月前までには受診するようにしてください。 われわれは日本夜尿症学会に所属し、最新の治療法を提供できるように日々研鑽しています。また学会発刊の診療ガイドラインに基づいた安全性の高い治療法を提案いたします。

お問い合わせ

047-353-3111(代表)から「小児科外来」へお問い合わせください。

 

シナジス外来

シナジス(抗RSウイルスヒト化モノクローナル抗体製剤)とは主に冬季に流行する”かぜ”に似た症状をおこすRSウイルスによる気道感染症の「予防」および「罹患時の症状緩和」を目的とする筋肉内投与注射薬です。
重症化しやすい以下の児に対しては、症状の重症化を抑える注射薬が保険適用となります。

  • 早産児:在胎期間 28週以下(12ヵ月齢以下)・在胎期間 29~35週(6ヵ月齢以下)
  • 過去6ヵ月以内に気管支肺異形成症の治療を受けたお子さん(24ヵ月齢以下)
  • 血行動態に異常のある先天性心疾患のお子さん(24ヵ月齢以下)
  • 免疫不全をともなうお子さん(24ヵ月齢以下)
  • ダウン症候群のお子さん(24ヵ月齢以下)

()内は流行開始時における月齢

当院では、対象となる患者さんにその年の流行を予測しながら毎年おおよそ8月頃から投与開始し、翌年3月頃まで投与しています。
上記の接種対象となる患者さんには主治医の先生やかかりつけ医から接種の提案があると思いますが、任意接種であるために保護者の方が希望した場合のみ接種します。
投与期間中は毎月1回の投与が必要です。本注射薬はほかのワクチンと並行して投与することが可能です。投与は通常、太もも(大腿)に筋肉内注射します。投与時の体重によって投与量が決まります。

*RSウイルス感染症はその年によって流行期が異なるため、当院のシナジス外来開設時期(接種開始の日時)が毎年変更となる場合があります。例年、6月下旬に当該シーズンのシナジス外来開設時期が決まりますのでご不明な点は下記までお問い合わせください。

お問い合わせ

047-353-3111(代表)から「小児科外来」へお問い合わせください。

 

血液(凝固)外来

当院では血が止まりにくい凝固障害の患者さんを中心に診療しています。

  • 先天性凝固因子低下または欠損
  • 血小板機能異常症
  • 免疫性血小板減少性紫斑病
  • 遺伝性溶血性貧血
  • 自己免疫性溶血性貧血

など

■方針: 疾患に合わせて対処および治療を行います。
いずれも出血の程度が激しい場合、疾患に応じた対応を行っています。
例)先天性凝固因子障害…凝固因子の定期補充、ならびに在宅治療への指導

 

腎臓外来

次のような腎臓・泌尿器疾患の患者さんを中心に診療しています。

  • 3歳児検尿および学校検尿異常者の精密検査
  • 先天性腎尿路異常(水腎症、膀胱尿管逆流など)
  • 尿路感染症(亀頭包皮炎、膀胱炎、腎盂腎炎など)
  • ネフローゼ症候群
  • 急性糸球体腎炎
  • 慢性糸球体腎炎
  • (透析を要さない)慢性腎臓病

なお、尿失禁(夜尿症)についてのご相談や診療も随時、受け付けておりますので受診の際にお申し出ください。

腎臓外来初診の際には、当日の早朝第一尿(起床後、すぐに採取した尿)をきれいな容器に入れて持参していただくと助かります。

お問い合わせ

047-353-3111(代表)から「小児科外来」へお問い合わせください。

 

入院診療

一般入院(主に3A病棟)

対象は生まれてから産科を退院するまでの新生児以外の小児患者です。
小児科は肺炎や胃腸炎などの感染症、熱性けいれんなどの神経疾患をはじめとして、アレルギー疾患、腎疾患、心疾患など広範囲にわたる分野の診療を行っています。平成27年から心臓カテーテル検査も行っています。
一般外来、専門外来、救急外来を窓口として入院診療を行っています。
小児科をご受診される患者さんの多くは気管支炎や肺炎、インフルエンザウィルス感染症、RSウィルス感染症、感染性胃腸炎、尿路感染症など、感染症に関係する疾患が多い領域です。当科では感染症専門医・指導医,抗菌薬化学療法指導医,感染制御医(ICD)の大日方を中心に,臨床的研究,感染対策を進めています。感染症学会専門医の研修施設となっています。

 

地域周産期母子医療センター(NICU, GCU)

2011年1月千葉県および浦安市・市川市両市の協力により開設されました。開設以来、当院または近隣産婦人科で出生した早産児や病的新生児の入院受け入れを積極的に行う方針としてNICU(新生児特定集中治療室)9床とGCU(新生児治療回復室)15床の計24床で運営されています。

〈主な対象疾患〉
・早産児(22週以降)
・低出生体重児(子宮内発育遅延児を含む)
・新生児仮死
・呼吸障害
・重症黄疸
・低血糖
・感染症
・染色体異常/奇形症候群
・哺乳不良/体重増加不良 
・先天性代謝異常症
・先天性心疾患
・先天性腎尿路奇形 
・その他医療介入が必要な新生児

スタッフ紹介

科長
大日方 薫
(教授)

経歴 昭和56年 川崎医科大学卒
昭和61年 順天堂大学大学院卒
昭和63年 スウェーデン・カロリンスカ研究所フディンゲ病院小児科留学
専門 小児感染症、小児消化器病、小児内分泌
資格 医学博士、小児科専門医・指導医、感染症専門医・指導医、抗菌薬化学療法指導医、感染制御医、旅行医学認定医、小児栄養消化器肝臓認定医
所属学会 日本小児科学会(代議員)、日本感染症学会(評議員)、日本小児感染症学会(評議員・理事)、日本小児放射線学会(理事)、日本小児救急学会(評議員)、日本小児皮膚科学会(運営委員)、日本小児科学会千葉地方会幹事、千葉県小児保健協会理事、千葉県小児科医会病院幹事
職位 氏名 出身大学・専門分野・その他  
准教授 新妻 隆広 平成8年 川崎医科大学卒
平成12年 アメリカ・スタンフォード大学小児科留学
平成14年 川崎医科大学大学院卒
【所属学会】日本小児科学会(代議員)、日本感染症学会(評議員)、日本小児感染症学会(評議員)
【専門】小児感染症
【資格】医学博士、小児科専門医・指導医、感染症専門医・指導医、抗菌化学療法指導医、感染制御医、旅行医学認定医
准教授 西﨑 直人 平成14年 順天堂大学卒
平成20年 順天堂大学大学院卒
【専門】小児腎臓泌尿器、新生児
【資格】医学博士、小児科専門医・指導医、周産期新生児専門医・指導医、腎臓専門医、新生児蘇生法インストラクター、日本夜尿症学会常任理事
助教 織田 久之

平成12年 新潟大学卒
【専門】小児循環器
【資格】小児科専門医

助教 嶋 泰樹 平成21年 信州大学卒
【専門】小児神経
【資格】医学博士、小児科専門医
NoPhoto_.jpg
助手 石川 有希美 平成21年 順天堂大学卒
【専門】小児内分泌
【資格】小児科専門医
NoPhoto_.jpg
助手 渡邊 晶子 平成22年 浜松医科大学卒
【専門】新生児、栄養
【資格】小児科専門医
NoPhoto_.jpg
助手 米山 俊之 平成24年 新潟大学卒
【専門】アレルギー
【資格】小児科専門医
大学院生 松田 明奈 平成26年 埼玉医科大学卒
【専門】小児腎臓泌尿器、新生児
助手 阿部 華子 平成27年 聖マリアンナ医科大学卒
助手 小川 悠 平成27年 順天堂大学卒

学会活動/認定施設など

ただいま準備中です。

紹介してくださる先生方へ

各専門分野の医師が診断・治療にあたらせていただきます。詳細につきましては、スタッフ紹介および外来診察日割表をご参照ください。

患児のご紹介に際しましては、外来診察受付時間内であれば紹介状を持参いただき、一般外来を受診ください。なお、入院加療が必要と思われる患児は病床などの都合もございますので、あらかじめ患児の情報提供(病状、隔離の必要性、付き添いの可否、重症度など)をお電話にて小児科外来までご一報いただけましたら幸いです。また専門外来は原則として予約制ですので、緊急性が無い場合はひとまず一般外来にご紹介ください。

夜間・休日にご紹介いただく場合は、当科当直医の診療が可能であれば受け入れさせていただきます。(病棟および救急外来兼務で行っておりますので、病棟での重症患児対応やハイリスク新生児の出生などのため、受け入れを一時的に中止させていただく場合がございます)。

ご不明な点などがございましたら、新妻(医局長)までご連絡ください。

研修医の先生へ

小児科における後期研修は、卒後2年間の初期臨床研修に引きつづき、日本小児科学会の専門医認定に必要とされる卒後5年間の研修までの期間、すなわち卒後3年次から5年次の3年間と位置づけました。初期・後期研修の5年間で小児科全般の診療についての知識および技能を修得し、さらに卒後6年目以降は小児科専門分野の修練と研究を発展させることを目標とします。当小児科における研修期間および研修内容を次の表に示します。

区分(卒後年次)

研修内容

初期臨床研修

1年

2年間のうち1~3カ月小児科必修研修(および選択研修)

2年

初期臨床研修

3年

小児科全般における診療の研修小児救急疾患の診療および治療・処置の修得

4年

小児科専門医を目標としての知識・技能の修得一般外来診療の担当小児保健、小児科専門分野の診療研修臨床研究の分担、学会・文献発表の修練

5年

4年次の研修を継続、発展させる関連領域の診療研修も可臨床研究成果の学会・文献発表を進める

6年次以降

さらに専門分野の修練や研究を発展させる

※関連領域とは産科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、小児外科、精神神経科、放射線科、麻酔科などがこれに相当します。

 

初期研修の小児科プログラムについて

平成22年度から初期研修制度が改正され小児科プログラムができました。当院でも小児科プログラム希望者を募集しています。特徴としては初期研修1年目から小児科を研修でき、地域医療として近隣の開業医での研修、救急も小児と成人の両方が研修できます。

また小児だけでなく関連の内科、麻酔科、産科での研修を行います。将来、小児科医になりたいと希望する学生さんには、小児科プログラムの検討をお勧めします。

 

後期研修期間の具体的カリキュラム

1.卒後3年次
 1.  前期6カ月間
  • 小児科上級医・指導医のもとで病棟における小児疾患の診断・治療について研修。特に処置手技の習得。
  • 時間外急患に対して、上級医とともに小児救急疾患の診療を実施。
  • 栄養法、投薬・処方の原則、臨床検査法、予防接種法などについて習得。
2.  後期6カ月
  • 入院患児について上級医とグループを組み、担当医として診療。
  • 小児科専門領域グループに一定期間所属し、専門領域の研修を開始。
  • 時間外急患については単独の当直医として救急外来を担当。
  • 小児保健活動として健診・予防接種などの実施。
2.卒後4年次
  • 小児科学会専門医制度の専門医研修項目の実施を目標に研修を継続。
  • 病棟入院患児の担当医として主たる診療を行い、専門領域患児も担当。
  • 実地医家および一般病院の小児科一般外来を担当し、外来診療の研修を実施。
  • 上級医とともに臨床研究を分担し、学会発表を実施・修練。
3.卒後5年次
  • 4年次の研修を継続・発展させ、5年次研修終了時に日本小児科学会専門医試験資格を確保、あるいはこれと同等の能力を獲得。
  • 希望により小児科関連領域の診療研修を一定期間実施可能。
  • 臨床研究の成果を積極的に学会・文献にて報告、さらに専門的研究へのモチベーションの向上。
4.卒後6年次以降
  • 自身の専門分野の修練や研究を発展させ、同時に上級医・指導医とともに学生・初期臨床研修医の指導と教育に積極的に参画。

学会認定施設

小児科専門医研修施設   (指導責任医 大日方 薫)
小児科専門医研修支援施設 (指導責任医 大日方 薫)
感染症専門医研修施設   (指導医 大日方 薫)
日本周産期・新生児医学会 新生児認定施設(指定施設番号NB12011) (代表指導医 西﨑 直人)