• 交通アクセス
  • 文字サイズ標準

診療科・部門のご紹介

MEDICALCARE

科のご紹介

当科では、耳鼻咽喉科・頭頚部外科全般を対象に診療を行っています。
外来は、午前中の一般外来(4診)と午後の特殊外来(予約制)を開設しています。
外来では睡眠時無呼吸症候群が疑われる方の検査(アプノ外来)、また、補聴器適応および適合判定を補聴器外来にて行っています。さらに、聴覚障害に対する各種他覚的聴覚検査や音声機能検査などを積極的に行っております。
手術日は毎週月曜日、水曜日と木曜日午後です。手術では、特に内視鏡による鼻副鼻腔手術およびを慢性中耳炎などに対する聴力改善を目指しての鼓室形成術の需要が多くなっております。

取り扱う主な疾患

耳鼻咽喉科疾患一般および頭頸部外科領域の疾患を対象として診療を行っております。
特に慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、好酸球性副鼻腔炎および閉塞性睡眠時無呼吸症候群などの鼻・副鼻腔処置や手術を要する疾患、慢性中耳炎およびそれに関連する鼓膜穿孔などの聴力改善を望める疾患などを重点的に取り扱っています。
また、幼小児の聴覚障害の診断に他覚的聴覚検査も積極的に行っております。突発性難聴、めまい、末梢性顔面神経麻痺などの内耳疾患および顔面神経疾患も多く、主として保存的療法を要する疾患も多くなっております。
緊急性を要する扁桃周囲膿瘍、深頚部膿瘍なども季節性をもって受診があり、手術療法および抗生物質療法を行っております。

主な疾患

耳疾患

急性中耳炎,滲出性中耳炎,慢性中耳炎(鼓膜穿孔,化膿性中耳炎,真珠腫性中耳炎),先天性耳瘻孔,耳垢栓塞,外耳道炎,突発性難聴,伝音難聴,感音難聴(低音障害型感音難聴,音響外傷,騒音性難聴,聴神経腫瘍,老人性難聴),眩暈症、メニエール病,良性発作性頭位眩暈症(BPPV),前庭神経炎など

鼻疾患

慢性副鼻腔炎,アレルギー性鼻炎,鼻中隔彎曲症,肥厚性鼻炎,鼻副鼻腔乳頭腫などの良性腫瘍,鼻骨骨折,嗅覚障害など

咽喉頭部疾患

急性咽頭炎,急性喉頭炎,急性・慢性扁桃炎,扁桃周囲膿瘍,アデノイド増殖症,咽後膿瘍,睡眠時無呼吸症候群,声帯ポリープ,声帯結節,ポリープ様声帯,反回神経麻痺,発声障害,喉頭良性腫瘍,喉頭肉芽腫,喉頭外傷,咽喉頭異常感症,嚥下障害など

顔面、口腔内疾患

顔面神経麻痺(ベル麻痺,ハント症候群など),唾石症,味覚障害,唾液分泌障害,舌炎,耳下腺炎,耳下腺腫瘍,顎下腺炎,顎下腺腫瘍,口腔腫瘍など

頚部、気管食道疾患

甲状腺疾患,頚部リンパ節腫脹,頚部外傷,気管狭窄,食道異物など

腫瘍性疾患

甲状腺腫瘍,耳下腺・顎下腺などの唾液腺腫瘍,喉頭腫瘍,咽頭腫瘍,舌・口腔腫瘍,鼻副鼻腔腫瘍,耳・側頭骨腫瘍など

 

診療実績

手術内容別件数  805件 (2017年4月~2018年3月)

 鼻科手術
 内視鏡下副鼻腔手術  132
 (両側)  42
 (片側)  48
 鼻中隔矯正術  101
 粘膜下下甲介切除術  57
 後鼻神経切断術  24
 眼窩底骨折整復術  1
 鼻副鼻腔腫瘍摘出術  15
 鼻骨骨折整復術  1
 合計  331
耳科手術
 鼓膜形成術  19
 (両側)  0
 (片側)  19
 鼓室形成術  17
 乳突洞削開術  17
 外耳・中耳腫瘍摘出術  1
 耳瘻孔摘出術  8
 鼓室内チューブ留置術  38
 その他  
 外耳道骨腫切除  1
 外耳道再建  1
 耳介軟骨生検術  1
 合計  103
 頭頸部手術
 甲状腺切除術・全摘術  39
 耳下腺切除術・全摘術  20
 顎下腺切除術・全摘術  8
 喉頭全摘術  1
 中・下咽頭腫瘍切除術  3
 喉頭腫瘍切除術(レーザー)  1
 舌悪性腫瘍手術  4
 頚部郭清術  7
 気管傍郭清術  4
 リンパ節生検術  31
 正中・側頸嚢胞摘出術  10
 気管切開術  15
 その他  
 上皮小体腺腫摘出術  2
 頚部膿瘍切開排膿術  2
 舌下腺摘出  1
 咽頭瘻閉鎖術  1
 副咽頭間隙腫瘍摘出術  1
 舌小帯形成術  1
 頚部良性腫瘍摘出術  1
 合計  152
 咽喉頭手術
 口蓋扁桃摘出術  121
 アデノイド切除術  62
 顕微鏡下喉頭手術  33
 唾石摘出術  1
 扁摘術後出血  1
 咽頭異物摘出術(複雑)  1
 合計  219
 総計  805

外来診療

一般外来を午前中に診察し、午後にはアプノ外来、検査外来、補聴器外来、頭頸部外来、甲状腺腫瘍外来などの専門外来を設けています。

外来担当医表はこちら

入院診療

2チームで病棟診療にあたっております。手術日は月曜日全日、水曜日全日、木曜日午後であり、通常4〜5件/日の割合で各種手術を行っております。

臨床研修プログラム

当院は日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設として認可されています。
2年間の初期臨床研修終了後、4年以上の専門領域研修・臨床経験を重ね、日本耳鼻咽喉科学会専門医の資格を取得できるよう日々研修を行なっています。

スタッフ紹介

科長
肥後 隆三郎
(教授)

経歴 平成2年 東京大学卒業
専門 頭頸部腫瘍学、喉頭科学、気管食道科学、音声言語学
資格 日本耳鼻咽喉科学会専門医、日本気管食道科学会専門医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、がん治療認定医、頭頸部がん暫定指導医、頭頸部がん専門医
所属学会 日本耳鼻咽喉科学会、日本鼻科学会、日本耳科学会、日本気管食道科学会、日本頭頸部癌学会、日本音声言語医学会、耳鼻咽喉科臨床学会、日本喉頭科学会、日本口腔・咽頭科学会、日本頭頸部外科学会、日本嚥下医学会、日本甲状腺学会、日本癌治療学会、 AACR (American association for cancer research) active member、日本耳鼻咽喉科学会代議員、日本音声言語学会評議員、日本気管食道科学会評議員
職位 氏名
准教授 春山 琢男
准教授 山内 宏一
助教 塩澤 晃人
助手 陶 美梨
助手 小林 優子
助手 中島 早百合
助手 荒井 慎平

会活動/認定施設など

2012年度業績

和文原著

  1. 飯塚崇,岡田弘子,畠将晃,村田潤子,池田勝久:薬剤性肝障害にて死亡した急性浸潤型副鼻腔真菌症例.耳鼻咽喉科臨床 105(5):437-440, 2012

報告その他

  1. 横井 秀格 ,田崎 京子 ,春山 琢男永屋 恵子矢内 彩小野 健一飯田 崇阿久津 勉小松 信行横井 尚子飯塚 崇芳川 洋池田 勝久甲能 直幸 :スギ花粉症初期治療におけるモメタゾンフランカルボン酸エステル(MFNS)の有用性の検討.耳鼻咽喉科免疫アレルギー 30巻2号 Page201-202,2012

学会・研究会発表

  1. 佐々木大輔,飯塚崇,永屋恵子,八尾亨,春山琢男,芳川洋:咽頭痛を主訴に来院した成人性still病例.第71回御茶ノ水耳鼻咽喉・頭頸科治療研究会,東京,Apr 12,2012,第81回日耳鼻千葉県地方部会,Jul 1,2012,第74回耳鼻咽喉科臨床学会,東京,Jul 6,2012
  2. 飯塚崇,岡田弘子,笠木寛美,城所淑信,神谷和作,池田勝久:Gjb21コンディショナルノックアウトマウスへの遺伝子導入による聴力獲得.第113回日本耳鼻咽喉科学会総会,新潟,May10,2012
  3. 春山琢男:救命しえた膿瘍径35cmの縦隔膿瘍の一例.第73回御茶ノ水耳鼻咽喉・頭頸科治療研究会,東京,Jun 14,2012
  4. 春山琢男:選択的後鼻神経切断術-方法と工夫-.第74回耳鼻咽喉科臨床学会,東京,Jul 5,2012
  5. 永屋恵子,飯塚崇,佐々木大輔,春山琢男,小島雅貴,芳川洋:鼻性頭蓋内合併症の2症例.第74回耳鼻咽喉科臨床学会,東京,Jul 6,2012
  6. 八尾亨:上顎洞嚢胞に対する下鼻道粘膜flapを用いた工夫.第76回御茶ノ水耳鼻咽喉・頭頸科治療研究会,東京,Sep 20,2012
  7. 飯塚崇,神谷和作,城所淑信,岡田弘子,美野輪治,池田勝久:遺伝性難聴モデルマウスへの遺伝子導入による聴力獲得.第22回日本耳科学会総会,愛知,Oct 4,2012
  8. 飯塚崇:外耳道骨腫瘍.第23回日本頭頸部外科学会,鹿児島,Jan 24, 2013
  9. 沖﨑貴子,飯塚崇,春山琢男,永屋恵子,芳川洋:頸部膿瘍が疑われたLemierre 症候群の一例.第82回日耳鼻千葉県地方部会,千葉,Jan 20,2013
  10. Iizuka T,Mochizuki H,Nihira T,Nara T,Inoshita  A,Kidokoro Y,Kamiya K,Minowa O,Noda T,Ikeda K:Hearing improvement by gene therapy in a mouse model created by a conditional knockout of Gjb2 gene,preliminary study.ARO 36h MidWinter Meeting.USA,16-21Feb,2013

講演

  1. 芳川洋:傾斜住宅での居住が健康に与える影響.新浦安入船リバーサイド自治会講演会,Jul 24,2012
  2. 春山琢男:「めまいの診断と治療」.順天堂大学医学部附属浦安病院 第58回市民公開講座,Feb 16,2013
  3. 芳川洋:「他覚的聴力検査の現状と課題」.平成24年度城南耳鼻咽喉科医会 講演会,Mar 9,2013

講習会

  1. 芳川洋:緊急気管切開術後の気道管理.順天堂大学浦安病院医療安全講習会,千葉,Jun 19,2012
  2. 芳川洋:実技講習 聴力検査(聴性定常反応・OAEを含む).第26回日本耳鼻咽喉科学会専門医講習会,福岡,Nov 17,2012
  3. 芳川洋:補聴器にかかわる診療情報提供について.日本耳鼻咽喉科補聴器相談医 資格更新のための講習会,千葉,Dec 1,2012

 

患者さまとご家族のみなさまへ

当科では、耳鼻咽喉科・頭頚部外科全般を対象に診療を行っています。
外来診療は、第2土曜を除く月~土曜午前中の一般外来(4診)と月~金曜午後の特殊外来(予約制)を開設しています。再診が必要な患者さまには次回のご予約をご案内いたします。

入院診療は、2チームで病棟診療にあたっております。
手術日は毎週月曜日、水曜日と木曜日午後です。術後は入院患者さまの回診を病棟処置室で行い、入院期間の短縮に努めております。

認定施設

日本耳鼻咽喉科学会認定医専門医研修施設
日本気管食道科学会専門医研修施設

紹介してくださる先生方へ

浦安地区、東葛南部地区の近隣の開業医の先生方、さらに千葉市以遠からの先生方には、多くの患者さまをご紹介いただき、誠にありがとうございます。
紹介患者さまの受入れを積極的に行い、医療連携に努めております。
ご紹介いただく際、紹介状(診療情報提供書)を記載いただきますと、よりスムースに受診していただけます。

研修医の先生へ

当科では、小児から高齢者まで男女を問わず耳鼻咽喉科・頭頸部外科疾患を対象としています。その内容は多彩で、眼球や頭蓋内疾患、頚椎以外の頭頸部疾患がほぼすべて対象となります。また、聴覚、嗅覚、味覚、平衡覚を扱い、中枢から末梢まで広範囲にわたります。
耳鼻咽喉科医として研修・研鑽が続けられるよう配慮しております。