• 交通アクセス
  • フロアマップ
  • お問い合わせ
047-353-3111
  • 標準
  • 大
  • ご来院のみなさま
  • 診療科・部門のご紹介
  • 医療関係のみなさま
  • 病院のご紹介
  • 採用情報
診療部門のご紹介

脳神経外科

脳神経外科

外来担当医表はこちら

お知らせ

2016.9.30

「脳卒中ケアユニット」の開設について

脳血管内治療専門外来
脳動脈瘤、内頸動脈狭窄などの血管の病気に対して脳血管内治療を行っています。野中宣秀医師(日本脳神経血管内治療学会専門医)が、木曜の午後に脳血管内治療専門外来を行っています。

 

間脳下垂体外科専門外来
下垂体腫瘍、頭蓋咽頭腫に対して内視鏡下経鼻手術を行っています。石井尚登医師(脳神経外科専門医)が、火曜日の午後と土曜日の午前(第二土曜日の除く)に一般外来・間脳下垂体外科専門外来を担当しています。石井尚登医師は機能神経外科手術も専門にしており、パーキンソン病に対する外科的治療として深部脳刺激(DBS)を順天堂医院、当院の脳神経外科と脳神経内科が共同して行っています。

 

神経内視鏡手術専門外来
水頭症(非交通性)、脳室内腫瘍、脳室内出血などに対し、神経内視鏡を用いて手術を行っています。鈴木隆元医師(脳神経外科専門医、神経内視鏡技術認定医)が一般外来・神経内視鏡手術専門外来を担当しています。

 

3テスラーMRIの導入
平成27年5月から精度の高い画像診断を目指し高磁場の3テスラーMRIが増設されました。MRIは3台が稼働するようになり、以前より予約状況が改善しています。

患者さまとご家族のみなさまへ

 順天堂大学浦安病院脳神経外科では、脳と脊椎脊髄の病気を診療しております。脳腫瘍、脳血管障害、頭部外傷、水頭症、小児脳神経外科疾患、機能的脳神経外科疾患など多岐にわたっています。


 初めて受診される方(初診)は、できるだけ診療情報提供書をお持ちになって受診してください。さらにCTまたはMRIの画像をお持ちですと診療がスムースです。急を要する場合は、直接来院していただいて結構です。月~金は午前午後、土曜日(第二土曜日は休診)は午前のみの診療です。再診は予約制で拝見いたします。検査・治療等の終了時には、紹介元またはご希望の医療機関に診療情報提供書とともに紹介申し上げます。夜間、時間外、休日は救急救命センターを受診してください。緊急手術や急変時対応等以外は24時間体制で診療できるように努めています。


 予定手術は月、水、金に行っています。 外来受診時に手術日を決め、1~3日前に入院していただきます。手術の必要性、手術の詳細、リスク、術後リハビリ、その他の治療などについて詳しい説明を行います。

紹介してくださる先生方へ

 患者さまをご紹介いただく際には、地域医療連携室にご連絡いただけると受診がスムースになります。可能であれば画像情報の提供もお願い申し上げます。担当医については外来担当医表をご覧ください。なお、不明な点があれば脳神経外科外来受付までお電話下さい。

 

 夜間、休日は当直医が診察にあたります。先生方から紹介していただいた患者さまに対して診察、検査を行ったうえで検査結果、診断、入院・手術の必要性等に関して先生方にご報告申し上げます。

 

 検査・治療の終了後に先生方にかかりつけ医になっていただき、私どもと共同で患者さまをフォローアップしたいと思っております。

入局・研修を希望される先生方へ

 順天堂大学医学部附属浦安病院は、地域の中核病院であると同時に順天堂大学医学部の附属病院であることから、多くの症例を経験できるだけではなく高度な医療に関する研修も可能であります。そのため、当院は順天堂大学医学部脳神経外科学教室における後期臨床研修の重要な研修病院に位置付けられ、将来脳神経外科専門医を目指す研修医諸君にとって、脳神経外科研修施設として適切な病院となるように努めています。

良き臨床医を育成することを目標に、脳神経外科全般を診療できる力を修得しながら、個々人が各々のサブスペシャリテイーを目指す教育体制を敷いています。出身大学、年齢、男女による差別は、全くありません。問われるのは、脳神経外科への情熱です。

お問い合わせ先

順天堂大学医学部附属順天堂浦安病院 047-353-3111(代表)
順天堂大学医学部附属順天堂浦安病院 脳神経外科
E-mail:ju-nouge@juntendo-urayasu.jp

 

 

順天堂大学医学部付属浦安病院
〒279-0021 千葉県浦安市富岡2丁目1番1号 大代表:047-353-3111
Copyright (c) 2015 JUNTENDO UNIVERSITY URAYASU HOSPITAL All rights reserved.