• 交通アクセス
  • フロアマップ
  • お問い合わせ
047-353-3111
  • 標準
  • 大
  • ご来院のみなさま
  • 診療科・部門のご紹介
  • 医療関係のみなさま
  • 病院のご紹介
  • 採用情報
診療部門のご紹介
トップページ診療科・部門のご紹介脳神経内科 > パーキンソン病の新しい治療法「デュオドーパ® 」を開始しました

パーキンソン病の新しい治療法「デュオドーパ® 」を開始しました

 パーキンソン病は治療経過において、治療の難しいさまざまな症状が出現することがあります。治療開始当初は、薬の効果があり、うまく症状をコントロールすることができます(ハネムーン期)。しかし、治療期間が長くなってくると、薬は効果があるものの、効果が長続きせずに3~4時間おきに内服をしないと薬が切れてしまう状態になる(ウェアリングオフ)、または薬が効きすぎてしまって、体がくねくね意図せずに動いてしまう状態になる(ジスキネジア)という“運動合併症”が生じることがあります(図1)。

 

図1 進行期パーキンソン病の有効治療域

 

  ウェアリングオフやジスキネジアといった“運動合併症”に対しては、これまで内服薬の調整や、貼り薬の使用、脳深部刺激療法(DBS)という外科的治療法などが治療の選択肢でしたが、2016年9月から、「レボドパ・カルビドパ配合経腸用液(LCIG; デュオドーパ®)」という新しい治療法を本邦でも行うことが可能となりました。これは、図2のように、内視鏡を使用して胃ろうを造設し、薬が吸収される空腸までチューブを挿入します。そのチューブに体外式のポンプをつなぎ、レボドパ・カルビドパ製剤を持続的に投与する治療法です。

 

 進行期では、“運動合併症”の治療のために少量のレボドパ製剤を何回にも分けて内服するという方法を選択せざるを得ないのですが、内服回数が多いのは大変ですし、そうしたとしても、血中濃度の「山」と「谷」がどうしてもできてしまいます。それに対して、LCIGは薬の吸収に影響を与える胃をバイパスして空腸まで直接薬を送達し、ポンプを用いて一定速度で薬を投与し続けるので、血中濃度の「山」と「谷」がなくし、かつ、血中濃度を一定に保つことができるため、ウェアリングオフを改善させ、ジスキネジアの発現をおさえることができます。

 

図2 レボドパ・カルビドパ配合経腸用液(LCIG; デュオドーパ®)

 

 ポンプの重さは約500g程度(ポンプ+薬剤+カセット)で、ウェストポーチで腰に巻いたり、ショルダーバックなど肩にかけたりして携帯できますし、お風呂に入るときにはポンプを取り外すこともできます。また、薬を投与するために胃ろうを造設しますが、食事は従来通りとることができます。

 

 当院では、消化器内科と連携して、2017年1月からこの治療法を取り入れております。海外では既に52か国で承認され、現在7,000人以上の方がこの治療を受けています。主な合併症に、胃ろうに伴う感染やチューブの挿入に伴うトラブル等があります。当院では、適応の判断を、神経内科医を中心に行っております。

 

本治療を検討してみたいという方は、かかりつけの主治医にご相談の上、脳神経内科を受診してください。

順天堂大学医学部付属浦安病院
〒279-0021 千葉県浦安市富岡2丁目1番1号 大代表:047-353-3111
Copyright (c) 2015 JUNTENDO UNIVERSITY URAYASU HOSPITAL All rights reserved.