• 交通アクセス
  • 文字サイズ標準

診療科・部門のご紹介

MEDICALCARE

感染対策室

感染対策室のご紹介

業務の方針

 安全かつ良質で高度な先進医療を提供するため、院内で発症する感染症を未然に防ぎ、院内の外来・入院患者と職員の安全と健康を守り医療の質の保証に貢献することを業務方針にしています。
そのため室員は細菌学、感染症学や感染制御学に精通した医師、看護師、薬剤師、検査技師、事務員で構成され、多職種による感染対策チーム(ICT)として組織横断的活動を特徴としています。

「院内感染防止対策の指針」はこちらをクリック

沿革と業務体制

当院の感染対策の歴史は、昭和59年増加するMRSAを予防する目的で設置されたMRSA院内感染対策委員会が始まりで、平成2年より院内で発生する全ての感染に対応する病院長の諮問機関としての感染対策委員会を組織し院内感染対策の役割を果たしてまいりました。
医療の高度化、業務拡張などによる医療環境の変化に伴い、より対策を強化するため、平成14年に実践チームとして院内感染対策チーム(ICT)を組織し、さらに平成16年に院内感染対策に関する病院全体の問題点を把握し、監査、改善、企画、教育的指導を行う中枢的な役割を担うために感染対策室が設置されました。
平成22年には新型インフルエンザ等、未知の感染症にも対応できる医師、看護師、薬剤師、検査技師による選抜専門チームを室員に置き、病院全体で組織作りと教育に力を入れて、全職員が無用な感染が発生しないよう万全の体制で診療に臨んでいます。

院内感染の発生を早期に発見し未然に防止します。

業務内容の特徴

院内感染対策委員会をはじめ、その他各種委員会とも連携し病院内の感染防止対策を推進しています。
感染予防の徹底と的確な対応が取れる体制づくりを感染対策室が中心になって進めています。

1.院内感染対策委員会及び緊急感染症予防対策会議の設置と開催

院内感染対策の周知および実施を迅速に行うため、病院内の各部門からの代表者で構成する横断的な委員会を毎月開催し、院内の感染症発生状況の把握と問題点の検証を行っています。
また各部門・部署で発生した感染症及び病原菌拡散傾向を示す事例のうち、医療安全上影響レベルの高い事例に対し、臨時に緊急感染症予防対策委員会を開催し、原因究明、検証を行い、その対応策等を策定し施行しています。

2.感染症及び保菌者サーベイランス

細菌検査室と連携し、病院内の感染症の発症状況及び病原菌の検出状況をリアルタイムに情報収集を行い、院内で病原菌が拡散していないことを確認しています。
さらに集中治療室(NICUを含む)や救命救急病棟では、積極的監視培養(active surveillance cultures)を導入し、保菌者を早期発見し、接触予防策を強化により、感染拡大防止に効果を上げています。

3.ICTによる院内巡視と監査

 病棟での感染症患者に対し感染症学、細菌学、感染制御学に精通した医師(感染症専門医)、看護師(感染管理看護師)、薬剤師(感染管理薬剤師)、検査技師(微生物一級臨床検査士)のチームによる病棟巡視を毎週1回実施し、感染予防策だけでなく抗菌薬の適正使用や治療に関する助言と指導を行っています。

4.感染制御リンクナース会との連携

 感染制御リンクナースとは、感染対策室と連携し各部署単位で上司や先輩がより効率よく、実際の医療現場を通じて部下や新入社員に感染制御の指導をする看護師です。感染制御リンクナース会は月1回開催され、院内感染に関連する知識や技術などの習得や病棟のデータを収集し解析と評価を行い各病棟の改善に努めています。

5.院内感染対策ガイドライン整備及び修正・変更

 感染予防に関するエビデンス(論文等による証明)は、日々刻々と変化するためそれに合わせてガイドラインの改定を行っています。改定されたガイドラインの順守に関しては、ICTによる巡視や監査で確認し啓蒙活動をしています。また周知徹底に関しては感染制御リンクナースが重要な役割を演じています。

6.院内感染対策ガイドライン整備及び修正・変更

 標準予防策の徹底に取り組む病棟に対して監査や OJT(On the Job Training)など支援しています。順天堂大学浦安病院では、平成17年度より感染制御の柱となる標準予防策の徹底を中心に、当院で実施可能な感染対策を導入し、病棟環境の改善と職員の感染防御の意識の向上を目指した感染予防を推進する『感染制御推進モデル病棟』を設置し、特に手指衛生の実施状況や環境改善に取り組んでいます。接触感染が主となる耐性菌の院内感染及び拡散防止には、環境整備と職員の手指衛生コンプライアンスの向上と維持が重要な課題となっております。このコンプライアンスを維持するため、感染管理認定看護師が監査を行い、特定基準を満たすまで続けられ、感染制御の基準を一定レベルに維持しています。

7.職員研修会の開催

院内感染防止対策の基本的考え方および具体的方策について、病院職員へ周知徹底を図るために研修会を年4回以上開催しています。

8.地域連携による感染制御カンファレンス及び順天堂6病院感染対策カンファレンスの開催

薬剤耐性菌対策やインフルエンザや感染性胃腸炎などの対応など、それぞれの医療機関ごとに行われていた感染対策を、地域の医療機関同士で評価し合うことにより、現状をより客観的に把握し、対策を強化することが求められています。
そのため東葛南部地区の病院が集まり感染対策カンファレンスを実施し、地域の質の向上に貢献しています。

さらに順天堂大学6病院においても医療関連感染の予防と感染対策の効率化と向上を図るため、年4回院内感染対策カンファレンスを実施しています。
感染症や耐性菌の院内把握、インフルエンザや結核をはじめとした重要な流行疾患患者や感染症患者や耐性菌検出者を把握し、病棟内における感染防止が適切に行われているか客観的に評価できるようにしています。

9.病棟環境の整備

病院施設の環境中には様々な微生物が存在します。
環境整備の基本は清掃ですが、環境を介して微生物が伝播するため、必要に応じて環境表面の消毒をしなければなりません。そのため環境の整理整頓と清掃は重要です。
感染対策室では、清掃状況の確認や環境監査を実施して清掃や消毒に問題がないことを確認しています。

感染制御室の取り組み

当院の取り組みの一部を紹介いたします。

手洗いの推進

感染対策は手洗いが基本となります。院内感染の大多数は、手から手を伝わり、院内感染を起こすと言われています。
当院では感染制御室とリンクナースが中心となり、手洗いが必要な場面を職員に教育し、定期的に監査することによって、徹底的に手指消毒を行い、院内感染を減らす努力をしています。

マスク、使い捨て手袋、等の着用

職員は咳やくしゃみなどの飛沫感染防止が必要な場合には、マスクを着用します。職員は採血・静脈注射やオムツ交換などの場合にディスポーザブル手袋を着用し、必要に応じてビニールエプロンを使用しています。
自身の防御と患者の皆様へ移さない努力をしています。ご協力をお願いします。

来院の患者さんやご面会の皆様へのお願い(感染防止のためのエチケット)手洗いの推進

医療スタッフだけが対策を行っても感染は防げません。
患者さんや病院に出入りするすべての人々が一致協力して感染対策を行なうことが望まれています。患者さんで、咳や熱がある場合は、ご自身と周囲の方を守るために、マスクの着用をお願いしています。また、次のような症状がある場合、病棟でのご面会を制限させて頂く場合があります。
①熱がある
②咳が出る
③下痢やおう吐(吐く)がある
④体に発疹(赤いぶつぶつ、水疱(すいほう) 等)がある
⑤耳下腺(ほほ~耳の近く)が腫れている

上記症状やご不明な点がございましたら、必ずナースステーションにてご相談ください。
皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。