• 交通アクセス
  • 文字サイズ標準

診療科・部門のご紹介

MEDICALCARE

科のご紹介

消化器内科は、食べ物の通路である食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、そして栄養の源である肝臓、さらに消化に関わる胆嚢、膵臓など非常に多くの臓器を担当しており扱う疾患も良性から悪性疾患まで多岐に渡ります。
ウイルス肝炎やアルコールなど肝機能障害、ピロリ菌感染症や、逆流性食道炎、胃腸に病気がないのに、胃痛、胃もたれ、便通障害のため日常生活が侵される機能性胃腸症から、がんの内視鏡治療、放射線化学療法など、様々の患者さんの診療にあたっています。若年者から発症する炎症性腸疾患も急激に増加しており「生活の質」を損なう難治性疾患に対する新規治験を受け入れ臨床応用を行っています。
胆石、胆管炎、閉塞性黄疸、急性膵炎など、一歩間違えると致命的になるような救急疾患に対しても、昼夜問わず受け入れから治療まで行っています。我々は病む人の立場に立って、慈しみ、心身ともに癒す、『仁』の気持ちを持って、患者さんのみならずご家族の方々からも信頼される医療の実践を目指しています。

取り扱う主な疾患

食道・胃・十二指腸・小腸・大腸の消化管と、肝臓・胆道(胆のう・胆管)・膵臓など腹部臓器の疾病を診療対象としています。主な疾患は以下のとおりです。

消化管疾患

食道胃逆流症(GERD)、食道がん、胃・十二指腸炎や潰瘍、胃がん、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)、大腸ポリープ、大腸がん、機能性胃腸症

肝疾患

C型慢性肝炎、B型慢性肝炎、肝硬変、肝がん、原発性胆汁性胆管炎、自己免疫性肝炎、 アルコール性肝障害、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)、急性肝炎

胆嚢・胆管疾患

胆嚢結石、急性・慢性胆嚢炎、胆嚢線筋腫症、胆嚢がん、総胆管結石、胆管がん、膵・胆管合流異常、胆管拡張症

膵疾患

急性・慢性膵炎(膵石症、仮性嚢胞)、自己免疫性膵炎、膵管内乳頭粘液性腫瘍、膵内分泌腫瘍、膵がん

診療実績

消化器内科が日常診療で多く扱っている代表的疾患と治療法について概説します。

 

胃・大腸がん

消化管の早期がんには、内視鏡的粘膜切除術(EMR: Endoscopic Mucosal Resection)や内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD: Endoscopic Submucosal Dissection)といった、体への負担が少なく入院期間も短くて済む内視鏡を用いた治療法を積極的に取り入れています。
内視鏡的切除の適応のない場合でも、当院の外科は開腹しないで病変を切除する腹腔鏡手術を行なっている有数の施設です。消化器内科・外科の連携によりスムーズに治療を受けることができます。

 

胃・十二指腸潰瘍

ピロリ菌(Helicobacter pylori)の検査と除菌療法:

ヘリコバクターピロリ菌は胃十二指腸潰瘍や胃がんの大きな原因の一つです。ピロリ菌は萎縮性胃炎があれば検査、除菌療法が保険診療の適応となっています。ピロリ菌の検査である尿素呼気テストはその日に結果もわかります。ピロリ菌陽性の方には除菌療法をお勧めします。
除菌療法は、潰瘍の治療に用いられる酸分泌抑制剤と抗生物質(アモキシシリンとクラリスロマイシン)の計3種類の薬を一週間内服するだけです。

 

炎症性腸疾患:潰瘍性大腸炎、クローン病

腹痛、下痢、血便などをきたす慢性炎症性疾患で近年増加している疾患です。10~30歳台に多く発症する疾患で「生活の質」を損なう疾患です。日常勤務や学業生活に影響を及ぼすため,きめ細やかな対応が必要になります。
当科では通常の薬物療法のみならず生物学的製剤による治療や血球成分除去療法も数多く行なっており、多くの患者さんの治療経験があります。また、未だ保険承認されていない治験薬も希望があれば使用することが可能です。通勤・通学に支障の出ない土曜日にも専門外来を行っています。

 

C型慢性肝炎

肝がんの7〜8割はC型慢性肝炎を背景に発症します。これは他のがんにはみられない特徴で、C型慢性肝炎の治療は発がん予防に重要といわれる所以です。従来、C型慢性肝炎の治療はインターフェロンを中心に行なわれ、当院ではこれまで500名以上の方が治療を受け治癒しています。
さらに平成26年からは外来通院における、副作用の少ない内服薬による治療が可能となり、最短8週間で95%以上の治癒率が得られるようになり、既に200名以上の方が治療を受けています。当院は日本肝臓学会認定施設として肝臓専門医による最新の治療を行なっており、又、公的医療費助成に関する申請書類の受付も行なっています。

 

B型慢性肝炎

B型慢性肝炎はC型慢性肝炎と異なり、ウイルスを完全に排除することが出来ないため、状況に応じた適切な治療が必要になります。
平成12年に初めて経口薬のラミブジンの使用が保険適用になった後、アデホビル、エンテカビル、テノホビルの使用が可能となり、B型慢性肝炎の患者さんに対する大きな福音となっています。

 

肝がん

肝がんの治療は外科的切除と内科的治療に大別されますが、背景に肝硬変があり手術が困難な場合が多いため、内科的治療の対象になることが少なくありません。
腹部超音波検査や CT 検査の他にも EOB MRI 検査や造影超音波検査を用いた正確な診断を基に、ラジオ波焼灼術(RFA)や肝動脈化学塞栓療法(TACE)を中心とした治療を行なっています。又、内服による分子標的治療薬(抗癌剤)であるソラフェニブに加え、最近使用可能となった分子標的治療薬(レゴラフェニブ、レンマチニブ)も積極的に導入しています。

 

自己免疫性肝炎・原発性胆汁性胆管炎

肝炎ウイルスに感染していなくても肝機能検査値に異常のある方は、免疫の異常によるものでないことを確認しておく必要があります。
肝疾患は症状が出ないことが多く「沈黙の臓器」と呼ばれることがありますが、ドライアイや全身の痒みなどがみられる場合には、膠原病など他の自己免疫性疾患を合併していることがあり注意が必要です。
順天堂は日本で初めて膠原病内科の設立された大学病院であり、同科との緊密な連携のもとでこれらの疾患の診療を行っています。

 

非アルコール性脂肪性肝疾患(非アルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝炎)

飲酒をほとんどしないのに肝臓に脂肪が沈着している状態を非アルコール性脂肪性肝疾患(非アルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝炎)と言います。
肥満、糖尿病、高血圧等と同様に内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)に含まれ、生活習慣病の肝臓におけるひとつの表れと考えて良いでしょう。
さらに、肝臓に脂肪が沈着するだけではなく肝炎を生じる場合があり、これは非アルコール性脂肪肝炎と呼ばれ、放置しておくと肝硬変に進展することがあり注意が必要です。

 

胆嚢・膵臓疾患

胆道・膵臓疾患は緊急で治療を要する疾患が多く、胆石、胆嚢炎、胆管炎、閉塞性黄疸、急性膵炎などがあります。内視鏡的逆行性膵胆管造影検査(ERCP)を用いて、このような疾患に対しドレナージ治療を緊急で行うことが可能です。また、胆道がん、膵臓がんなどの悪性腫瘍に対しても超音波内視鏡(EUS)などを用いて病変を評価し、外科と連携し、切除適応を判断しています。必要に応じて超音波内視鏡下針生検(EUS-FNA)を行っております。さらに、切除困難な症例に対しては化学療法や放射線治療を行い、長期生存を目指しています。

 

消化器がん化学療法

当科では主に切除不能の消化器がんに対する集学的治療を行っております。
食道がん、胃がん、大腸がん、膵がんなどに対する化学療法、放射線治療を行っております。
近年化学療法領域は日進月歩であり、従来の抗腫瘍薬剤に加えて、分子標的薬、免疫療法も治療に加わることがあり、これらを主軸として『証拠ある治療』として標準治療を提供していきます。

消化管の主な検査・治療件数

検査・治療の種類 平成29年度
上部消化管内視鏡検査 4369
下部消化管内視鏡検査 2657
小腸カプセル内視鏡 16
上部消化管内視鏡的粘膜切除術(EMR 5
下部消化管内視鏡的粘膜切除術(EMR 983
上部消化管内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD 77

下部消化管内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD

23
消化管ステント挿入 30
消化管止血術 147
異物除去 37
胃瘻増設 45

肝・胆・膵の主な検査・治療件数

検査・治療の種類 平成29年度
体外式超音波 4842
超音波内視鏡(EUS) 181
超音波内視鏡下針生検(EUS-FNA) 24
内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP) 409
内視鏡的乳頭切開術(EST) 118
胆道ドレナージ 376
胆道金属ステント挿入 22
肝動脈化学塞栓療法(TACE) 111
ラジオ波焼灼術(RFA) 8

外来診療

日本内科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本消化器内視鏡学会、日本臨床腫瘍学会などの認定医、専門医、指導医が診療しています。3号館に移転し、これまでの3ブースから5ブースへと診療スペースを増やし、新患外来、再診、専門外来にわけ、なるべくお待たせしないように心がけています。

専門外来は消化管疾患、肝臓疾患、胆膵疾患に分け開設していましたが、2018年度からがん薬物療法専門医によるがん治療の専門外来を月曜日と金曜日に開設しました。また通学や仕事に影響されない土曜日の午前中には炎症性腸疾患の専門外来を行っています。

 

外来担当医表はこちら

入院診療

当科では常勤の専門医と研修医がグループになり診療を行っています。グループカンファレンス、教授による総回診とクリニカル・リサーチカンファランスを行い治療方針の確認や新しい情報の交換を行っています。

スタッフ紹介

科長
長田 太郎
(教授)

経歴 平成3年 順天堂大学卒
専門 消化器内科学、消化管疾患、消化器疾患における内視鏡による診断と治療
炎症性腸疾患の診断と治療
資格 日本内科学会総合内科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医
日本消化器病学会専門医・指導医・学会評議員
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・学術評議員
日本消化管学会胃腸科専門医・指導医
日本カプセル内視鏡学会認定医・指導医
日本肝臓学会専門医
日本医師会認定産業医

科長補佐
北村 庸雄
(先任准教授)

経歴 昭和59年 浜松医科大学卒
専門 肝臓病学(急性・慢性肝疾患の診断と治療)、消化器内科学
取得

日本内科学会認定内科医、
日本消化器病学会専門医・指導医・学会評議員、
日本肝臓学会専門医・指導医・評議員(東部会)、
日本アルコール・アディクション医学会評議員、
日本医師会認定産業医、
Fellow of American Association for the Study of Liver Diseases

職位 氏名 出身大学・専門分野・その他  
准教授 稲見 義宏 獨協医科大学卒(平成14年)
【専門】
消化管病変と胆膵の内視鏡診断・治療
【取得資格】
日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化管学会胃腸科専門医・指導医、日本医師会認定産業医

 
助教 降籏 誠

弘前大学卒(平成11年)
【専門】がん治療、化学療法
【取得資格】日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本外科学会認定医・専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本消化器病学会専門医、日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医

降籏 誠.JPG
助手 北沢 尚子 浜松医科大学卒(平成16年)
【専門】消化管病変の診断・内視鏡治療
【取得資格】日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医
助手 荻原 伸悟 順天堂大学卒(平成19年)
【専門】消化管病変の診断・内視鏡治療、肝・胆道・膵臓の内科的治療
【取得資格】日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医
助手 竹村 勇治 東京慈恵会医科大学卒(平成20年)
【専門】消化管病変の診断・内視鏡治療
【取得資格】日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医
助手 川上 智寛 杏林大学卒(平成22年)
【専門】消化管病変の診断・内視鏡治療、炎症性腸疾患
【取得資格】日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医
助手 野元 勇佑 順天堂大学卒(平成23年)
【専門】消化器内科学
【取得資格】日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医

助手

西 慎二郎 岩手医科大学卒(平成24年)
【専門】消化器内科学
【取得資格】日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医
助手 中津 洋一 信州大学卒(平成24年)
【専門】消化器内科学
【取得資格】日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医
助手 深見 久美子 川崎医科大学卒(平成24年)
【専門】消化器内科学
【取得資格】日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医
助手 大川 博基 順天堂大学卒(平成25年)
【専門】消化器内科学
【取得資格】日本内科学会認定内科医
助手 磯野 峻輔 順天堂大学卒(平成26年)
【専門】消化器内科学
【取得資格】日本内科学会認定内科医
dr_isono.jpg
大学
院生
岩本 志穂 浜松医科大学卒(平成10年)
【専門】消化管疾患、炎症性腸疾患
【取得資格】日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医

 

英文原著

  1. Takeda T, Asaoka D, Tajima Y, Matsumoto K, Takeda N, Hiromoto T, Okubo S, Saito H, Aoyama T, Shibuya T, Sakamoto N, Hojo M, Osada T, Nagahara A, Yao T, Watanabe S. Hemorrhagic polyps formed like fundic gland polyps during long-term proton pump inhibitor administration. Clin J Gastroenterol. 2017 Oct;10(5):478-484.
  2. Asaoka D, Nagahara A, Hojo M, Matsumoto K, Ueyama H, Matsumoto K, Izumi K, Takeda T, Komori H, Akazawa Y, Shimada Y, Osada T, Watanabe S. Efficacy of a potassium-competitive acid blocker for improving symptoms in patients with reflux esophagitis, non-erosive reflux disease, and functional dyspepsia. Biomed Rep.2017 Feb;6(2):175-180.
  3. Anzai H, Hata K, Ishihara S, Osada T, Kiyomatsu T, Kawai K, Nozawa H, Watanabe T. Caution Against the Resect-and-Discard Strategy for Dysplastic Polyps in Ulcerative Colitis. Am J Gastroenterol. 2017 Jan;112(1):189-191.
  4. Ishikawa D, Sasaki T, Osada T, Kuwahara-Arai K, Haga K, Shibuya T, Hiramatsu K, Watanabe S. Changes in Intestinal Microbiota Following Combination Therapy with Fecal Microbial Transplantation and Antibiotics for Ulcerative Colitis. Inflamm Bowel Dis. 2017 Jan;23(1):116-125.
  5. Shibuya T, Nomura O, Kodani T, Murakami T, Fukushima H, Tajima Y, Matsumoto K, Ritsuno H, Ueyama H, Inami Y, Ishikawa D, Matsumoto K, Sakamoto N, Osada T, Nagahara A, Ogihara T, Watanabe S. Continuation of antithrombotic therapy may be  associated with a high incidence of colonic post-polypectomy bleeding. Dig Endosc. 2017 May;29(3):314-321.
  6. Murakami T, Sakamoto N, Ritsuno H, Shibuya T, Osada T, Mitomi H, Yao T, Watanabe S. Distinct endoscopic characteristics of sessile serrated adenoma/polyp with and without dysplasia/carcinoma. Gastrointest Endosc. 2017 Mar;85(3):590-600
  7. Osada T, Sakamoto N, Ritsuno H, Murakami T, Ueyama H, Matsumoto K, Shibuya T, Ogihara T, Watanabe S. Closure with clips to accelerate healing of mucosal defects caused by colorectal endoscopic submucosal dissection. Surg Endosc. 2016; 30,10: 4438-44.
  8. Asaoka D, Nagahara A, Hojo M, Matsumoto K, Ueyama H, Matsumoto K, Izumi K, Takeda T, Komori H, Akazawa Y, Shimada Y, Osada T, Watanabe S. Association of medications for lifestyle-related diseases with reflux esophagitis. Ther Clin Risk Manag. 2016 Oct 4; 12: 1507-1515.
  9. Asaoka D, Nagahara A, Hojo M, Matsumoto K, Ueyama H, Matsumoto K, Izumi K, Takeda T, Komori H, Akazawa Y, Shimada Y, Osada T, Watanabe S. Efficacy of alfacalcidol and alendronate on lumbar bone mineral density in osteoporotic patients using proton pump inhibitors. Biomed Rep. 2016 Aug; 5(2): 165-170.
  10. Asaoka D, Nagahara A, Hojo M, Sasaki H, Shimada Y, Yoshizawa T, Osada T, Watanabe S. The Relationship between H. pylori Infection and Osteoporosis in Japan. Gastroenterol Res Pract 2016.
  11. Konishi M, Shibuya T, Mori H, Kurashita E, Takeda T, Nomura O, Fukuo Y, Matsumoto K, Sakamoto N, Osada T, Nagahara A, Ogihara T, Watanabe S. Usefulness of flexible spectral imaging color enhancement for the detection and diagnosis of small intestinal lesions found by capsule endoscopy. Scand J Gastroenterol 2016; 49,4: 501-5.
  12. Murakami T, Yao T, Mitomi H, Morimoto T, Ueyama H, Matsumoto K, Saito T, Osada T, Nagahara A, Watanabe S. Clinicopathologic and immunohistochemical characteristics of gastric adenocarcinoma with enteroblastic differentiation: a study of 29 cases. Gastric Cancer.2016; 19,2: 498-507.
  13. Haga K, Chiba A, Shibuya T, Osada T, Ishikawa D, Kodani T, Nomura O, Watanabe S, Miyake S. MAIT cells are activated and accumulated in the inflamed mucosa of ulcerative colitis. J Gastroenterol Hepatol 2016; 31,5: 965-72.
  14. Yatagai N, Ueyama H, Shibuya T, Haga K, Takahashi M, Nomura O, Sakamoto N, Osada T, Yao T, Watanabe S. Obscure gastrointestinal bleeding caused by small intestinal lipoma: a case report. Journal of medical case reports2016; 10, (1): 226.
  15. Okubo H, Kitamura T, Ando H, Fukada H, Igusa Y, Kokubu S, Miyazaki A, Fujimura A, Shiina S, Watanabe S. Gadoxetic Acid-Enhanced MR Imaging Predicts Simeprevir-Induced Hyperbilirubinemia During Hepatitis C Virus Treatment: A Pilot Study. J Clin Pharmacol, 57(3) 369–375, 2017.

和文原著

  1. 荻原 伸悟, 稲見 義宏, 大川 博基, 野元 勇佑, 須山 正文, 長田 太郎. 90歳以上の超高齢者における内視鏡的逆行性膵胆管造影を用いた症例の特徴について. 日本高齢消化器病学会誌. 20 (2); 81-87, 2018
  2. 長田太郎,石川大,渡辺純夫. 消化器疾患に対する糞便移植療法(fecal microbiota transplantation;FMT) 日本消化器病学会雑誌112巻11号, 1973-1981, 2015
  3. 鈴木麻衣子,小林 修,太田一樹,林康博,小島拓人,橋本周太郎,三好由里子,横須賀路子,黒田博之,渋谷智義,長田太郎,渡辺純夫. 消化管出血を繰り返した遺伝性出血性毛細血管拡張症の1例 Progress of Digestive Endoscopy 86巻1号, 138-139,6 2015
  4. 野村収,澁谷智義,長田太郎,松本健史,坂本直人,北條麻理子,永原章仁,荻原達雄,渡辺純夫,増田淳. 消化器症状の出現によりひきこもりになり、確定診断と治療によってひきこもりが改善したクローン病の1例. 消化器心身医学21巻1号, 23-25, 2014

英文著書

  1. Kitamura T, Watanabe S. Bile Acids and NAFLD/NASH. Bile Acid in Gastroenterology: Basic and Clinical. Tazuma S and Takikawa H (eds), Springer Japan, Chapter 10, 145-155, 2017, DOI 10.1007/978-4-431-56062-3_10.
  2. Osada T, Watanabe S, Sato N. Epithelial restitution and physical stress. Gastrointestinal Mucosal Repair and Experimental Ther 25: 57-68, 2002

和文著書

  1. 北村庸雄: 肝機能改善薬--タウリン. 肝疾患治療マニュアル. 持田智、竹原徹 (編). 南江堂(株), 2016.
  2. 長田太郎 小腸内視鏡検査 消化器内科レジデントハンドブック2版, 編集 渡辺純夫、北條麻理子 中外医学社 東京 88-92, 2014
  3. 長田太郎 消化管狭窄に対するステント留置 消化器内科レジデントハンドブック2版, 編集 渡辺純夫、北條麻理子 中外医学社 東京 186-192, 2014
  4. 長田太郎 腹部単純X線撮影 消化器内科レジデントハンドブック2版, 編集 渡辺純夫、北條麻理子 中外医学社 東京 44-51, 2014
  5. 長田太郎 Crohn病 消化器内科レジデントハンドブック 2版, 編集 渡辺純夫、北條麻理子 中外医学社 東京 356-361, 2014
  6. 北村庸雄、榎本信行:B型肝炎. 消化器内科レジデントハンドブック第2版. 渡辺純夫、北條真理子 (編). 中外医学社, 440-445, 2014

和文総説

  1. 北村庸雄、髙森建二: 胆汁うっ滞による慢性掻痒. 薬局, 69: 46-51, 2018.
  2. 北村庸雄、髙森建二: 慢性肝疾患における難治性そう痒症の治療の実際. 新薬と臨床, 66: 76-80, 2017.
  3. 北村庸雄、髙森建二: 胆汁酸研究の進歩と展望. 痒みの発生機序. 肝・胆・膵, 72: 877-891, 2016.

学会・研究会発表

  1. 稲見義宏, 高橋正倫, 赤澤陽一, 福嶋浩文, 田島譲, 村上 敬, 立之英明, 上山浩也, 坂本直人, 長田太郎, 渡辺純夫. 大腸内視鏡挿入困難症例に対しCT Colonographyを用いた大腸腸管長の比較検討. 第103回 日本消化器病学会総会. 2017年4月, 東京.
  2. 深見久美子, 荻原伸悟, 岩本志穂, 北沢尚子, 須山正幸, 竹村勇治, 川上智寛, 鈴木真由, 野元勇佑, 中津洋一, 西 慎二郎, 大川博基, 磯野峻輔, 北村庸雄, 須山正文, 渡辺純夫. 膵液瘻に対して内視鏡・経皮的ドレナージが有効であった3症例の検討. 第103回 日本消化器病学会総会. 2017年4月, 東京.
  3. 岩本志穂, 川上智寛, 北沢尚子, 荻原伸悟, 須山正幸, 竹村勇, 鈴木真由, 野元勇佑, 中津洋一, 西慎二郎, 深見久美子, 大川博基, 磯野峻輔, 北村庸, 須山正文, 一宮紀子, 渡辺純夫. 第103回 日本消化器病学会総会. 2017年4月, 東京.
  4. 竹村勇治, 北村庸雄, 岩本志穂, 北沢尚子, 荻原伸悟, 須山正幸, 川上智寛, 鈴木真由, 野元勇佑, 中津洋一, 西慎二郎, 深見久美子, 大川博基, 磯野峻輔, 須山正文, 高森健二 渡辺純夫. 第103回 日本消化器病学会総会. 2017年4月, 東京.
  5. 磯野峻輔, 北沢尚子, 長田太, 富田茂樹, 渡辺純夫. 異所性胃粘膜を伴った回盲部消化管重複症の一切除例. 第104回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会. 2017年6月,  東京.
  6. 野元勇佑, 荻原伸悟, 北村庸雄, 岩本志穂, 稲見義宏, 北沢尚子, 竹村勇治, 川上智寛, 中津洋一, 西慎二郎, 深見久美子, 大川博基, 磯野峻輔, 長田太郎, 須山正文. 巨大胆石が原因となった肝腫瘍の一例. 第48回 東葛地区消化器疾患研究会. 2017年, 千葉.
  7. 荻原伸悟, 磯野峻輔, 大川博基, 中津洋一, 西慎二郎, 深見久美子, 野元勇佑, 川上智寛, 鈴木真由, 竹村勇治, 北沢尚子, 稲見義宏, 岩本志穂, 北村庸雄, 須山正文, 長田太郎. 90歳以上の超高齢者に対するERCPを用いた検査及び治療における成績と安全性の検討. 第20回日本高齢消化器病学会総会. 2017年7月, 東京.
  8. 長田太郎, 野村 収, 澁谷智義, 渡辺純夫. 潰瘍性大腸炎に対する血球成分除去(CAP)療法の臨床的有用性と腸管外合併症に対する効果. 第38回日本アフェレシス学会. 2017年10月, 千葉
  9. 大川博基, 稲見義宏, 岩本志穂, 西慎二郎, 磯野峻輔, 北沢尚子, 荻原伸悟, 竹村勇治, 川上智寛, 野元勇佑, 深見久美子, 中津洋一, 北村庸雄, 須山正文, 長田太郎. 化学療法が奏功した食道転移性悪性黒色腫の一例. 第105回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会. 2017年12月, 東京

紹介してくださる先生方へ

食道・胃・十二指腸・小腸・大腸の消化管と、肝臓・胆道(胆のう・胆管)・膵臓などの疾病を診療対象としています。主な疾患は以下のとおりです。

消化管疾患 食道胃逆流症(GERD)、食道がん、胃・十二指腸潰瘍、胃がん、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)、大腸ポリープ、大腸がん、機能性胃腸症
肝疾患 C型慢性肝炎、B型慢性肝炎、肝硬変、肝がん、原発性胆汁性肝硬変、自己免疫性肝炎、アルコール性肝障害、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)、急性肝炎
胆嚢・胆管疾患 胆のう結石、総胆管結石、胆のう炎、胆のうがん、胆管がん
膵疾患 急性・慢性膵炎、膵がん

臨床研修プログラム

ただいま準備中です。