• 交通アクセス
  • フロアマップ
  • お問い合わせ
047-353-3111
  • 標準
  • 大
  • ご来院のみなさま
  • 診療科・部門のご紹介
  • 医療関係のみなさま
  • 病院のご紹介
  • 採用情報
ご来院のみなさま
トップページご来院のみなさま > 災害医療について

災害医療について

img18.jpg

当院が位置する浦安市は都心に近い高層マンションが立ち並ぶ住宅地域であり、市内には日本最大のテーマパークと周辺の巨大ホテル群があります。従って、万一大きな災害が近くで発生した場合、多くの傷病者が発生する危険が予想されます。当院は、浦安市唯一の三次救命救急センター・災害拠点病院として、災害医療体制の整備や医療支援活動に力を注いでいます。

 

災害医療支援体制

 

災害拠点病院の指定

    当院は千葉県の地域災害医療センター(平成21年8月10日指定)であり、院内での防災対策を進めると同時に様々な対外的な災害医療活動を実践しています。

 

 

DMAT指定医療機関の指定

   

当院は、DMAT(Disaster Medical Assistance Team:災害派遣医療チーム)指定医療機関(平成22年2月19日指定)です。DMATとは、大規模災害が発生した時に急性期の医療活動を行うための専門的訓練を受けた医療チームのことです。現在では、現場での救急医療活動だけではなく、被災地の病院を支援する活動や、被災地外に重症患者を搬送する広域医療搬送など、機動性・専門性を生かした多岐にわたる医療活動を行います。

img19.jpg img20.jpg

 

市内災害現場への医師派遣(ドクターカー)

    平成21年6月1日、当院は浦安市と協定を結び、市内で大事故が発生して、多くのけが人がでた場合や、車の下敷きなどにより救出に時間を要する場合などには、当院医師が救急車に同乗して事故現場に駆けつけ医療活動を行う体制をとっています。

img21.jpg

 

 

地域の災害医療連携

    当院は、災害発生時に円滑かつ効率的な医療活動ができるよう、千葉県東葛南部地域の救急隊員や近隣の医療施設などの関係機関と医療連携を積極的に推進しています。特に近隣の大型リゾートとは地域連携を結び、リゾート内で発生した多くの傷病者を当院に収容するとともに、当院医師がテーマパーク内の救護室に駐在することにより、トリアージや応急処置を含む的確なプレホスピタル(病院前)ケアを提供しています。


 

 

 

院内対策

 

当院における災害関連組織

  災害医療対策会議:平時の災害対策の決定機関であり、災害マニュアルの更新、防災整備計画、研修・訓練の企画・事後検証、審議事項などの報告と決議を行います。
  自衛消防隊会議:院内訓練(防火・防災)、備蓄品の管理、防災施設の定期点検など、主に院内災害対策を行います。
  災害拠点病院運営会議:DMATや医療救護班の管理、院外訓練、行政や関連機関などとの連携、広報活動など、主に院外災害対策を行います。
  災害対策本部会議:災害発生時に病院長を本部長として招集され、当該の災害対策全般を行います。
  自衛消防隊:火災や災害の発生時に、通報・連絡や初期対応、避難誘導などを行い、被害を最小限に止めます。
  DMAT:県や国の養成時に災害現場に派遣され、急性期の医療活動を行います。
  医療救護班:災害救助法などに基づく要請時に編成され、災害現場で亜急性期の医療活動を行います。

 

 

 

院内災害訓練

    当院では、参加者に危機意識・興味を持たせるために、リアリティーを追求したブラインド型の災害訓練を行っています。シミュレーションの主な教材として、スウェーデンで開発されたエマルゴトレーニングシステムを使用しています。また、訓練目標を明確にした上で、反省点を次回に反映させるため、徹底的な事後検証を行います。

 

  [過去の災害訓練]
   
  • 平成20年度訓練(平成20年9月5-6日)

第一部講演:災害医療総論~今そこにある危機に備えて
講師:岡本 健(順天堂大学浦安病院救急診療科教授)
第二部訓練:多数傷病者対応のためのエマルゴ・トレーニング
特別講師:中田康城(鳥取大学救急災害医学分野准教授)

   
  • 平成21年度訓練(平成21年9月4-5日)

第一部講演:トリアージ
講師:岡本 健(順天堂大学浦安病院救急診療科教授)
第二部訓練:爆発事故を想定したエマルゴ演習
特別講師:橋口尚幸(島根大学救急医学教授)

   
  • 平成22年度訓練(平成22年9月4日)

アクションカードを用いた病院エマルゴ演習
特別講師:中田康城(市立堺病院高度救急・災害医療担当部長)

   
  • 平成23年度訓練(平成24年3月3日)

第一部講演:3.11東京ディズニーリゾートで起きたこと-防災体制と行動指針-
特別講師:早川清敬(オリエンタルランド・セキュリティ部長)
第二部訓練:首都直下地震発生時の初期対応および多数傷病者の収容
協力:浦安市消防本部

   
  • 平成24年度訓練(平成25年2月23日)

第一部講演:災害医療の基礎知識
特別講師:岡本健(順天堂大学静岡病院救急診療科教授)
第二部訓練:首都直下地震発生時の初期対応および多数傷病者の収容
協力:順天堂大学医療看護学部

 

 

 

DMAT活動

 災害時活動の他、日常活動として、発生が懸念されている首都直下地震やテーマパーク内事故など、千葉県内外の大規模災害を想定して備品や体制の整備と訓練を行っています。また、隊員の1名は千葉県統括DMATに認定されており、複数のDMATの指揮、調整業務を行うDMAT本部長としての役割を担っています。

 

 

  [浦安病院DMATが参加した主な訓練]
   
  • 緊急消防援助隊関東ブロック合同訓練(平成21年11月14-15日)

場所:幕張新都心内造成地・千葉港千葉中央埠頭
内容:大震災を想定した初の「ブラインド型訓練」で千葉DMAT全チームが参加した

   
  • 海上災害対応訓練(平成22年2月11日)

場所:千葉県千葉市中央区新港・千葉中央ふ頭
内容:千葉港沖の船舶衝突により多数傷病者の発生を想定した救助・トリアージ・搬送訓練

   
  • 政府総合防災訓練/広域医療搬送実働訓練(平成22年9月1日)

場所:静岡空港・自衛隊下総基地
内容:全国のDMAT62チーム(総352名)が参集し、東海地震を想定し、重症患者を被災地から全国に広域搬送する模擬訓練

   
  • 九都県市合同防災訓練(平成24年9月1日)
    場所:江戸川河川敷緑地
    内容:「首都直下地震」を想定した医療救護訓練

 

 

 

東日本大震災の対応

2011年3月11日に発生した東日本大震災では、震度5強の大きな揺れが発生し、周辺地盤の液状化現象により当院では一時断水という事態となりましたが、病院長以下教職員が一致協力し、自衛隊や近郊からの給水援助を受け、休診することなく診療活動を継続しました。
また、県知事の要請を受け、被害の甚大であった東北地方の医療支援を行うため、DMATおよび医療救護班の派遣を行いました。それらの活動の詳細については、こちらをご参照ください(リンク)

  浦安病院DMATの派遣 医療救護班の派遣
要請者 千葉県知事 千葉県知事
期間 2011年3月11日~3月13日 2011年3月25日~4月9日
人員 3名 16名
場所 福島県福島空港 宮城県南三陸町・登米市立佐沼病院
内容 重症患者の広域搬送 避難所の救護・後方病院の支援

 

 

順天堂大学医学部付属浦安病院
〒279-0021 千葉県浦安市富岡2丁目1番1号 大代表:047-353-3111
Copyright (c) 2015 JUNTENDO UNIVERSITY URAYASU HOSPITAL All rights reserved.