• 交通アクセス
  • フロアマップ
  • お問い合わせ
047-353-3111
  • 標準
  • 大
  • ご来院のみなさま
  • 診療科・部門のご紹介
  • 医療関係のみなさま
  • 病院のご紹介
  • 採用情報
診療部門のご紹介
トップページ診療科・部門のご紹介放射線科 > トモセラピーを導入しました

トモセラピーを導入しました

 当院に導入された高精度放射線治療装置:トモセラピーとは、従来の放射線治療装置:リニアックとは違い、CT装置のようにX線が患者さんの周りを回転しながら照射を行います。実際の照射は、360度あらゆる角度から、あらゆる形に、放射線の強度を変えながら照射(強度変調放射線治療:IMRT)することになります。この照射方法によって標的とする病変に集中してたくさんの放射線を照射することが可能になります。

 

 トモセラピーの革新的な照射技術により、隣接する正常組織にあたる放射線の線量を低減し、病変に高い放射線の線量を集中させて照射することが可能となります。すなわち副作用を軽減しつつも治療効果を上げることが可能となりました。

 

 照射技術だけでなく、安全精度技術の向上も同時に図れる装置です。治療直前に装置本体でCT撮影を行い、照射位置のずれを三次元的に補正し、より精度の高い治療(画像誘導放射線治療:IGRT)を行うことが可能となりました。さらには、従来の装置では数回に分けて照射しなければならない広い範囲の治療においても、CTの技術を応用して寝台を移動しながら連続的に照射を行い、より広い範囲の照射が、安全にスムースに施行可能となりました。トモセラピーを用いた放射線療法は、前立腺がんや脳腫瘍を始めとした多くの悪性腫瘍においてその有用性が高く評価されています。

 

 このように、今回浦安病院に導入されたトモセラピーは高い精度と安全性を担保した装置であり患者さんのQOL向上に大きく寄与するものと考えます。

 

 当院では、放射線科専門医師、放射線治療専門技師、品質管理士、医学物理士、および看護師で構成された専門スタッフが一丸となって、より高度な「人にやさしい放射線療法」の提供に取り組んでいます。

 実際の治療にあたっては、患者さんごとに原発巣や病状に合わせ従来型装置かトモセラピーかを選択することになります。

 

 近隣の医療施設の先生、あるいは当院を受診される方におかれましては、前立腺がんや脳腫瘍をはじめとした悪性腫瘍に対する放射線療法をご検討の場合は、是非一度お問い合わせください。

 

 

順天堂大学医学部附属浦安病院

         047-353-3111(代表)

放射線治療室     3267(内線)

順天堂大学医学部付属浦安病院
〒279-0021 千葉県浦安市富岡2丁目1番1号 大代表:047-353-3111
Copyright (c) 2015 JUNTENDO UNIVERSITY URAYASU HOSPITAL All rights reserved.