• 交通アクセス
  • フロアマップ
  • お問い合わせ
047-353-3111
  • 標準
  • 大
  • ご来院のみなさま
  • 診療科・部門のご紹介
  • 医療関係のみなさま
  • 病院のご紹介
  • 採用情報
診療部門のご紹介

産婦人科

産婦人科

患者さまとご家族のみなさまへ

 私たち産婦人科スタッフは順天堂大学浦安病院の理念に則り、外来部門・入院病棟ともに看護師、検査技師、事務員等職員一丸となって最良の医療を行うよう日々心がけております。

 産婦人科とは、思春期から老年期までの女性に対して総合的にケアする診療科であります。女性は思春期になると月経が始まり、以後閉経まで卵巣からのホルモン産生による性周期が確立し、妊娠が可能となります。また卵巣から分泌される女性ホルモンは、妊娠に関与するばかりでなく、女性の健康を維持するために、非常に重要な役割を担っています。一方、子宮筋腫や子宮内膜症などの疾患や、最近増加傾向を認める子宮体癌は、ホルモン依存性の疾患であると言われています。私たちは、単に疾患の診断や治療を行うのではなく、来院する女性の方々の人生を十分に熟考して最良の医療を行うように心がけております。

 産婦人科は、妊娠・分娩を取り扱う産科と子宮や卵巣などの女性特有の臓器に対する疾患を治療する婦人科から構成されています。産科では、妊娠から分娩、産褥期まで、正常なものから様々な母体合併症を持つ妊婦や胎児奇形の診断や管理まで、幅広い診療を行っております。また婦人科では、内分泌及び不妊と悪性腫瘍に関して診療を行っています。

 当院では特に周産期領域ならびに腫瘍領域にはスペシャリストがそろっており、このスタッフらを中心とした高度で専門的な診療を行っております。

紹介してくださる先生方へ

 多数の患者さまを紹介してくださる先生方には心より御礼申し上げます。私たちは確固たる近隣の病院との連携を心掛けていきたいと考えております

先生方へのお願い

外来について
産科
  • ハイリスク外来
    胎児奇形を疑うような場合、循環器や膠原病などの母体合併症もしくは婦人科疾患(子宮筋腫、子宮内膜症など)の合併を有する妊娠を扱っております。
  • 紹介状だけでなく御一報あればよりスムースな対応ができますので何卒よろしくお願いいたします。
  • 里帰り分娩を受け付けております。通常は34週までに、合併症のある方は30週までに紹介状を持参させて受診するように伝えてください。また母体合併症や胎児奇形などが疑われる方は早めの受診をお願いします。
  • ご紹介いただく際は電話にてハイリスク外来を予約していただくか産科担当医(吉田、田嶋)に直接ご一報をお願いします。
婦人科
  • 最近、婦人科癌のご紹介も多くなってきております。 セカンドオピニオンの際は婦人科腫瘍担当医(野島、田口) 外来の受診をしていただくと非常に幸いです
入院について

当産婦人科ではベッドを68床有し、当院にて最大数です。最近は患者数も増加し、満床のことも多いのですが、入院加療が必要な患者さまの対応を最大限に努力するよう考えております。

夜間当直について

休日も含め24時間対応しています。

  • 現在、常勤医師12名、非常勤医師3名で診療にあたっております。
  • 当院では定期的な学術講演会を開催しております。ご多忙とは思いますが、是非積極的に参加してください。

入局・研修を希望される先生方へ

現在、当院において初期臨床研修医履修後のコースを以下のように考えております。

1) 専門医をめざす専攻生・助手コース

2) 大学院コース

2)に関して専門医も同時に取得できるカリキュラムも整備されております。
また、他施設への研修も行っております。

詳しい入局や見学に関するお問い合わせは、医局長の野島 美知夫までお願いいたします。
順天堂大学浦安病院代表:047-353-3111(内線3685)
E-mail:michio.nojima@juntendo-urayasu.jp

順天堂大学医学部付属浦安病院
〒279-0021 千葉県浦安市富岡2丁目1番1号 大代表:047-353-3111
Copyright (c) 2015 JUNTENDO UNIVERSITY URAYASU HOSPITAL All rights reserved.